1. HOME
  2. 寄付のお願い

寄付のお願い

大学生の社会貢献活動への支援についてのお願い(趣意書)

日本財団学生ボランティアセンター(通称:Gakuvo)は、混迷を極める社会情勢のなか、社会貢献活動に関して高い意識をもつ若者に期待し、彼らを育成することを大きな目標として掲げ、2010年4月1日にNPO法人として設立され、2015年4月には一般財団法人として新たなスタートを切りました。
Gakuvoでは、人生を変えてしまうような予感を多くの若者に提供できるよう、様々な角度からの事業を展開しています。なかでも、東日本大震災を契機にはじまった、被災地への学生ボランティア派遣事業「チームながぐつ」では、国内のみならず、海外の学生も含め、たくさんの若者たちを派遣してきました。その数は2013年9月30日までで、40か国、228大学、延べ6,695名にものぼります。被災地での活動は、その時々での地元のニーズを調査し、効果的なプログラムを提供しています。発災直後は、瓦礫の撤去や公園の石垣の修復など、どちらかといえば「ガテン系」の内容でしたが、最近では、生業支援や子どもたちとの交流事業などといったソフトなプログラムが多く、だれでも参加しやすくなってきています。 「ながぐつ」に参加する学生の多くは、初めてボランティア活動をする者が多く、ここでの経験から何かをつかみ、いくつものプログラムが新たに生まれ、実行されてきています。
ボランティア活動の最終目標は、目前にある社会課題の解決です。Gakuvoが提供するボランティア活動に参加した多くの学生が、現場で見えてきた「問い」に自分のリアルな感情を込めて向き合い、真剣に悩み、学び、仲間と語り合うことで、様々な社会課題に対し自分の問題としてとらえ、そして実社会のあらゆる業界へと飛び立っています。
つきましては、今後の「ニッポン」を背負って立つこのような若者が、被災地に限らず、多くの場面で活動できるよう、たくさんの皆様たちで支えていきたいと思っております。特定の方からだけの高額な寄附金よりも、少額であっても、より多くの方々からの寄附金で応援することにより、みんなで支えているという声を若者たちに届けたいと考え、今般、募金をお願いする次第です。 是非とも、この趣旨にご賛同いただき、下記のとおり募金に御協力賜りますようお願い申し上げます。

2015年3月吉日

  1. 募金目標額:1,000,000円/年(個人・法人は問いません)
  2. 募金の方法:Gakuvo専用の募金箱若しくはお振込みにてお願いします。Gakuvoまで直接ご持参いただいてもかまいません。
    ■振込先
    銀行名:みずほ銀行
    支店名:虎ノ門支店
    店番号:046
    口座番号:4328645
    口座名義:一般財団法人日本財団学生ボランティアセンター
         ザイ)ニッポンザイダンガクセイボランティアセンター
  3. 本件に関するお問い合わせ先
    ■日本財団学生ボランティアセンター 代表理事 西尾雄志(にしお たけし)
    〒105-0001東京都港区虎ノ門1-11-2日本財団第二ビル7階
    (電話:03-6206-1529/営業日:日・月・祝祭日を除く10:00~20:00まで)

PAGETOP