1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【ボランティア活動への準備について】

お知らせ

201604/21(Thu)
お知らせ

【ボランティア活動への準備について】

現在Gakuvoでは関係団体と連絡を取りながら、被災地に関する情報収集にあたっており、学生のボランティア派遣の準備を進めております。

熊本をはじめとした九州の被災された方々のために、何か力になりたいと考えている学生のみなさん。その想いを十分に活かし、被害に遭われたみなさんの力となるために、まずは活動への準備をきちんと行い、必要とされるその時に備えましょう。

 ボランティア保険への加入

災害に見舞われた被災地でのボランティア活動を行う際は、必ずボランティア保険に加入してください。基本コース・天災コースがありますが、地震・噴火・津波によるケガも補償される天災プランに加入しましょう。(Gakuvoが行うボランティア派遣については天災Cプランの加入をお願いしています)

居住地の社会福祉協議会で事前に加入しておけば、被災地までの移動における事故も補償対象となりますし、現地入りした際に円滑に活動に携わることができます。

本保険は一度加入すれば年度内有効となります(今加入すれば2017年3月31日まで)

<加入手続き>

1)加入書類に記入する。

加入書類:ボランティア保険加入申込票・加入者名簿・払込用紙

2)払込用紙で保険料を振込む

払込保険料を確認し、郵便局もしくは銀行にて振込む。

3)申込書類と郵便振替払込受付証明書(もしくは振込控え)を社会福祉協議会ボランティアセンター窓口へ提出する

保険内容や加入手続き等の詳細はこちら(例として東京都社会福祉協議会のものを掲載しています)

 活動時の備品準備

ボランティア活動の際は、普通の服装ではなく作業に見合った携行品や服装を身に着け、活動に携わります。

足元を守るための長靴(安全板入りが好ましい)、片付けに伴うほこり等予防のための防塵マスク、ゴーグルなどが例としてあげられます。

詳細はこちら(イラストなのでわかりやすいです)

ボランティア募集がかかった際にすぐに現地に行けるよう、これらの備品を今から準備しておくこともできることの1つです。

その他

被災地の状況や被害は刻一刻と変化していきます。ぜひ、各関係サイト等で現地について調べましょう。そして、いざ自分が現地に行ったときに何ができるのか、どんな想いで携わるのかを心構えとして自分の中で考えておきましょう。

 

減災インフォ

熊本県ホームページ

大分県ホームページ

気象庁

全社協 被災地支援・災害ボランティア情報

熊本地震特設サイト

 

 

 

 

一覧に戻る

PAGETOP