1. HOME
  2. お知らせ
  3. 学生ボランティア派遣チーム「ながぐつ」プロジェクト 熊本ボランティアについてのご報告

お知らせ

201609/30(Fri)
災害支援

学生ボランティア派遣チーム「ながぐつ」プロジェクト 熊本ボランティアについてのご報告

平成28年(2016年)熊本地震において、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、御遺族の皆さまにお悔やみ申し上げます。
また、被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。

 

当センターでは発災直後から関係団体と協力し、情報収集と現地調整を進め、5月21日より順次学生たちをボランティア活動に派遣してまいりました。

 

全9陣、延べ197名、82大学(加えてアメリカンスクール1校、高等学校1校)の学生たちが活動に携わりました。

 

◇◆チームながぐつプロジェクト熊本ボランティア◆◇

第1陣 5月21日(土)~22日(日)@博多駅発着

参加人数:9名 参加者所属大学数:8校

活動場所:熊本県上益城郡益城町  宿泊施設:南関町B&G海洋センター

s_%e7%ac%ac1%e9%99%a3-1

活動内容:お米、冷蔵庫などの家財道具搬出、瓦の片付け

◇第1陣活動レポートはこちら

 

第2陣 5月28日(土)~29日(日)@博多駅発着

参加人数:19名 参加者所属大学数:13校

活動場所:熊本県上益城郡益城町  宿泊施設:南関町B&G海洋センター

s_%e7%ac%ac2%e9%99%a3-3

活動内容:農機を中心とした搬出、ブロック塀整理、ニーズ調査、神社参道づくり

◇第2陣活動レポートはこちら

 

第3陣 6月10日(金)~13日(月)@仙台駅発着

参加人数:36名 参加者所属大学数:7校

活動場所:熊本県上益城郡益城町  宿泊施設:南関町B&G海洋センター

s_%e7%ac%ac3%e9%99%a3-4

活動内容:被災家屋の瓦おろし・運搬、倒壊したブロック塀の解体、被災家屋からの家財搬出、瓦礫撤去(被災された方の大切なものとの分別)

◇第3陣活動レポートはこちら

 

第4陣 6月25日(土)~26日(日)@博多駅発着

参加人数:29名 参加者所属大学数:17校(加えてアメリカンスクール1校、高等学校1校)

活動場所:熊本県上益城郡益城町  宿泊施設:南関町B&G海洋センター

s_%e7%ac%ac4%e9%99%a3-2

活動内容:被災家屋の瓦運搬及び家財整理、倒壊したブロック塀の解体及び整理、雨漏りのする家屋のビニールシート設置、土砂崩れのあった神社での土嚢設置

◇第4陣の活動レポートはこちら

 

第5陣 7月16日(土)~17日(日)@博多駅発着

参加人数:19名 参加者所属大学数:13校

活動場所:熊本県上益城郡益城町  宿泊施設:南関町B&G海洋センター

s_%e7%ac%ac5%e9%99%a3-1

活動内容:被災家屋の瓦運搬及び家財整理(被災された方の大切なものとの分別)、雨漏りのする家屋のための土嚢づくり及びビニールシート設置、土砂崩れのあった畑での土嚢設置

◇第5陣の活動レポートはこちら

 

第6陣 8月1日(月)~5日(金)@新大阪駅発着

参加人数:20名 参加者所属大学数:13校

活動場所:熊本県上益城郡益城町  宿泊施設:長洲町地域福祉センター

s_%e7%ac%ac6%e9%99%a3-2

活動内容:被災家屋の家財整理・搬出・撤去、引っ越しのための運搬、雨漏りのする家屋のための土嚢づくり及びビニールシート設置、大豆畑での農作業

◇第6陣の活動レポートはこちら

 

第7陣 8月22日(月)~26日(金)@新大阪駅発着

参加人数:29名 参加者所属大学数:15校

活動場所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村(地獄温泉清風荘・垂玉温泉山口旅館)  宿泊施設:テント泊

s_dsc_0689

活動内容:土砂だし、壁・床はぎ、厨房整理、家財道具搬出、仮置き場分別、掃除

◇第7陣の活動レポートはこちら

 

第8陣 9月5日(月)~10日(土)@仙台駅発着

参加人数:19名 参加者所属大学数:11校

活動場所:熊本県上益城郡益城町  宿泊施設:長洲町地域福祉センター

s_%e7%ac%ac8%e9%99%a3-3

活動内容:消防団詰所の片付け、閻魔堂の瓦おろし・運搬、土嚢づくり、解体で出た木材の運搬、被災家屋の瓦運搬

◇第8陣の活動レポートはこちら

 

第9陣 9月17日(土)~21日(水)@博多駅発着

参加人数:17名 参加者所属大学数:10校

活動場所:熊本県上益城郡益城町及び阿蘇郡西原村  宿泊施設:長洲町地域福祉センター

s_%e7%ac%ac9%e9%99%a3-2

活動内容:被災した保育所の遊具運搬・掃除等、仮設保育所の設備整備、納骨堂の瓦おろし・運搬、ひまわり迷路作り、除草作業、仮設住宅のプランター追肥作業

◇第9陣の活動レポートはこちら

 

今回の熊本ボランティアでは、博多駅発着・仙台駅発着・新大阪駅発着という3パターンで派遣を行いました。

それにより、全国各地から学生たちが参加し熊本での活動に携わりました。

 

派遣前半(5月~7月)は学校がある時期ということもあったため、基本1泊2日の短期集中型プログラムを行い、

派遣後半(8月~9月)は夏休みを利用し、基本4泊5日の中期どっぷり型プログラムを行いました。

活動量の大小はあるかもしれませんが、参加してくれた学生一人一人が日々目の前の土地・人々を想い

作業に携わってくれました。参加してくれた延べ197名の学生たち、本当にありがとうございました。

 

そしてボランティア募集の周知にご協力いただいた皆様や活動物品のご支援をいただいた皆様、

現地にて学生たちを受け入れてくださった皆様本当にありがとうございました。皆様のご協力・ご支援の下、参加者全員が、大きな怪我や病気なく、安全に活動に携わることができました。

 

当センターの派遣は、緊急支援という面では一区切りとなりますが、被災地では未だ人手を必要とされている方・地域があります。ボランティアもまだ募集されています。ぜひ下記サイトなどを参考にしてみてください。

熊本県社会福祉協議会

熊本地震特設サイト

 

改めて被災されたみなさまにお見舞い申し上げると共に、1日でも早く穏やかな生活に戻ることを願っております。

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

PAGETOP