1. HOME
  2. お知らせ
  3. 第4回Gakuvo Style Fundプレゼン審査会を開催しました

お知らせ

201708/16(Wed)
お知らせ

第4回Gakuvo Style Fundプレゼン審査会を開催しました

7月30日(日)第4回Gakuvo Style Fundプレゼン審査会を開催しました!

一次審査を通過した団体の代表が、全国各地より集結しました。

(会場となった日本財団ビル1Fバウルーム)

(会場には60団体以上から100名を越える学生たちが集まりました)

10時には会場に団体が集まり、受付やプレゼンの順番を決めるくじ引きを行いました。
投影資料のチェックやプレゼンの練習など最後まで準備が続きます。

開会&採択団体説明会

Gakuvo常務理事の小西よりの開会挨拶に続いて、午前中は事務局からの採択後に団体が提出する書類や事務局との連絡、団体が更新していくWEB報告などについて説明をしました。

(オープニング映像が流れる中、緊張感が増す会場)

(Gakuvo小西より挨拶)

(明治学院大学波多野さんより採択団体の提出書類などの説明)

(Gakuvo吉田より活動報告WEBについての説明)

12時前からいった昼の休憩となりました。

昼休憩(団体同士の交流)

ほっと一息、お昼ごはんの時間。会場でお昼を食べながらの交流が進みます。

(同じテーブルを囲む4人は全員違う団体ということもしばしば)

Aコース「Colla・vo(こらぼ)」プレゼン

いよいよプレゼン審査!「ライトニングトーク」と呼ばれる短時間でのプレゼンです。1分30秒の時間を自由に使い、審査委員にアピール!Colla・voで書類審査を通過した14団体により、発表1分30秒+会場からのコメント1分30秒、という流れで進んでいきます。

(画面には団体の作成したパワーポイント、残り時間表示などが)

(活動時のユニフォームを着用したり、かぶりものをする団体も)

(会場からは、団体をたたえるコメントが多くあがりました)

休憩をはさんでプレゼンは続きます。

Cコース「Baca・vo(ばかぼ)」プレゼン

Baca・voで書類審査を通過した29団体が審査委員にアピール!ここでは、各団体のプレゼン終了後、2種類のシートを掲げてもらいます。「良い活動だなぁ」と思ったら『ぐっと!』、「まだまだ良くなる」と思ったら『もっと!』。プレゼンから感じた「活動のキーワード」も紙に書いて、挙げてもらいます。

(右側のモニターには団体の付属情報も)

(『ぐっと』が上がる団体が多い様子)

(今回はプレゼンターが1名の場合がほとんど)

(立体模型でプロジェクトの内容を表現する団体も)

(同じ活動分野だからこその気づき、違う分野からの学びが生まれます)

Colla・voとBaca・vo合わせて44団体のプレゼン終了後は、審査委員は別室での審査に入ります。

発表団体は休憩。全団体がプレゼンを終えた安堵感もあり、交流も進みます。

ゲストスピーカー講演 ~ 筒木愛美氏(一般社団法人防災ガール共同事務局長)

団体がミッションやビジョンを達成するために「発信/伝える」をどう活用するか、集まった学生たちが見つめなおす機会としての筒木さんの講演です。筒木さんが学生時代やその後のキャリアと現在の活動から学んだ広報のエッセンスが詰まった講演となりました。「愛されるSNS」「読みやすい文章術」「ネタ切れ脱出方法」など具体的に団体が活用できる内容です。

(防災ガールのfacebookのアルバム活用方法など、とても実践的な内容)

(パワーポイント資料の見やすさも学生たちの参考になったのでは)

(「団体として出来るSEO対策とは」という専門的な質問も)

審査委員による講評

1)明治学院大学 ボランティアセンター長 杉山恵理子さん
「重い、熱いプレゼンに感動!学生だから出来ることがたくさんある。今みなさんがしている活動は一生を変える宝となります。」

2)独立行政法人 国際協力機構 JICA地球ひろば 所長 天田 聖さん
「私はつい先日までスリランカにいました。今日発表してもらった団体には海外で活動する団体も多くありましたが、日本と海外、距離は遠いが取り組む課題に共通点があると思います。」

3)明治学院大学 副学長 野沢 慎司さん
「こんなに審査員が喋らないのもあまりないけれど、団体の皆さん同士が意見を言ってもらう方がはるかに意義があると思っています。今日会った団体同士のケミストリーがあるだろうと思いました。」

4)ソニーマーケティング株式会社 広報・渉外部 総括部長 谷口 浩一さん
「このファンドをはじめた時に比べて確実に活動が良くなっている。ただし、ニーズ調査からだけではイノベーションは起こらない。ゼロベースで考えて第二のグラミンバンクとなって欲しいと思います。」

5)Gakuvo常務理事 古川 秀雄
「自分自身のプロジェクトにもっと自信を持って良いのでは?目の前の困りごとだけではなく『未来を見つめて、考えていく』ことはすごいなぁと感じました。」

18時半に全プログラムが終了し、プレゼン審査会は終了しました。

講演いただいた筒木さん、ありがとうございました!
長時間に渡る審査会にご参加いただいたみなさん、お疲れさまでした!
審査結果については8月4日に発表しました。(審査結果はこちら
団体の活動報告も続々とはじまっています。(報告はこちら

報告会での出会いからの化学反応、それぞれの活動のさらなる進化・深化を期待しています!

一覧に戻る

PAGETOP