1. HOME
  2. JAVARA: インドネシアの多様性ある農作物をビジネスで守る方法とは!?

グローバル・リーダーシップ・プログラム

201701/21(Sat)
グローバル・リーダーシップ・プログラム インタビュー記事

JAVARA: インドネシアの多様性ある農作物をビジネスで守る方法とは!?

WRITER

井上良太
​今回、社会起業家にインタビューしたことで、私の行動が社会に与える影響を考える機会になった。私が食べるもの、捨てるゴミ。もう一度考え直したいと思う。
ディンセ華純
Chintya Bamby
JAVARA recognizes the wide variety of Indonesia's cultivation product, especially ones that are indigenous and organic. Their business model is fair to the farmers that they help (both financially and strategically) to maintain their products. By visiting JAVARA, I got to know that we can be a socio-entrepreneur, a term that is so interesting because socio-entrepreneur combines supporting a good cause while getting profit for our business. Not only that, JAVARA opened my eyes. I'm so proud of my country's indigenous food heritage and I'm trying my best to purchase local products!

突然ですが、みなさんはインドネシアには約17000の島があることをご存知ですか?インドネシアは、とても多くの島から構成されているからこそ島ごとに、さらには地域ごとに衣食住、言語といった文化が異なっているのです。日本もインドネシア同様に地域ごとに伝統的な文化があり、大切にされていますよね。

しかしながら、現在インドネシアでは、大量生産によって生み出された安い製品に溢れ、従来の自然食材が手に入りにくくなりました。そのため、農家も化学肥料や農薬、人工着色料や保存料、遺伝子組み換え食品に頼らざるを得ない状況が生まれ、その土地に根差した多様性のある農作物が減少しつつあります。

今回紹介するJAVARA(サンスクリット語で”チャンピオン”の意)は上記のような問題を解決すべく2008年に設立されました。JAVARAはただ製品を売っているわけではありません。各地域での人々と共に「製品が作られるまでの物語」を売ることで、インドネシアの多様な農作物を保護しています。

JAVARAの取り組み

JAVARAのミッションは「インドネシアの多様性ある農作物の保護と農家の仕事に対する誇りを取り戻すこと」です。
このミッションを達成するためにJAVARAは農家から直接、適正な価格で農作物を買い取り、その製品を魅力的にデザインした上で市場に卸しています。
価格面だけでなく、JAVARAは農家に健康保険や有機農家としての資格を与え、さらには新しくビジネスを始めるための支援もしています。しかし、JAVARAが一番大切にしていることは、彼らが極端にJAVARAに依存するのを防ぎ、彼らが自分の仕事に誇りを持つことです。
現在、JAVARAは50000以上の小さな農家と共に働き、600以上の商品を販売しています。そして、3000以上の食品加工者が安全で質の高い商品にするためにJAVARAの研修を受けています。
このように順調に見えるJAVARAですが、時に天候不順やJAVARAよりも高い値段で買い取る会社の台頭により、製品の販売が止まることがあります。このような問題をどのように改善するかがJAVARAの今後の課題と言えます。

それでは、JAVARAはどのように持続的な経営をしているのでしょうか?
JAVARAは有機農作物に関心のある中間層以上の消費者をターゲットとし、売上のうち75%を海外市場が占めていますが、店舗販売が90%を占めています。そのため、JAVARAの共同設立者であるPlot氏は今後オンラインでの販売の拡大を予定していると強調していました。
確かに、新興国において中間層以上の人々を中心に健康に対する意識が高まってきているため、ターゲットを食に関心のある人、中間層以上に向けたのは的確と言えるのかもしれません。
利益配分は、約30%が農家へ。25-30%がJAVARA。そして、15-20%がスーパーなどの小売店へ配分され、残りの20%ほどはデザイナーやその他へ配分されています。こうした利益配分のおかげでJAVARAは社会問題を解決しつつも、持続可能な経営ができているのです。

現在、JAVARAは世界的にも有名な、有機農産物に力を入れた社会的企業です。インドネシアの多様性を活かした蜂蜜、お米、塩、お茶等の自然食材から有機野菜を練りこんだ乾麺、ココナッツ等の自然加工食品まで豊富な品数を扱っています。JAVARAの商品は高級スーパーや専門ショップに置いてあり、お土産にも最適なので、インドネシアを訪れる際には一度売場を覗いてみることをお勧めします。


引用:http://www.schwabfound.org/content/helianti-hilman

取材先企業

企業名
JAVARA
URL

ドキュメンタリー/Documentary "JAVARA" 1

一覧に戻る

PAGETOP