第2回Gakuvo Style Fund活動報告

Take action for Leyte

securedownload
201509/17(木)

9月16日に、引き続き防災マップの配布を行いました。
学校付近のコミュニティー、警察署、消防署、近くの公立学校などに地図をお渡しし、
無事200枚の地図をすべて配り終えることが出来ました。
8月からたくさんの現地の方に協力していただいて完成した防災マップが、街の色々な所に貼られています。

また、小学校に寄贈させていただいた機材は、さっそく授業やイベントで活用していただいているようです。
今後も授業実践の際にたくさん活用していただきたいです!

防災マップを作成するという今回の活動は、16日をもって無事終了しました。
今回の活動を次に繋げ、更なる支援を続けていけるように頑張りたいと思います!

image
201509/14(月)

児童たちに協力してもらいながら作成し、完成した防災マップの配布を行いました!
今日は小学校の生徒たち、近くのサリサリストアなどのコミュニティー、防災マップ作成前に学校付近の地図をいただいたバランガイオフィシャルに防災マップを配布しました。
今後も更にコミュニティーなどへの配布を続けます。
この防災マップをたくさんの方に見ていただくことで、地域の方の防災意識が高まることを願っています。

IMG_2590
201509/08(火)

8月29日から31日まで、子どもたちと一緒に作った防災マップを配布できるように整理しなおし、プリントアウト、ラミネート加工を行いました。

 

暑い中、本当に大変でしたが、合計200枚をプリントアウトしラミネート加工しました。

この地図は小学校の全児童と教師、周辺コミュニティの人たちに配布する予定です!

IMG_0085
201509/08(火)

避難訓練を一緒に実施したレスキューチームの皆さんと。

レスキューの皆さんは、子どもたちにとってはヒーローのようにかっこよかったです!!

201509/08(火)

8月27日、今回の防災マップ作りの企画に賛同してくれた学校運営の方々が、日本の避難訓練をSNTLSBEIでも実施してほしいとお願いしてくれました。

 

ただ、日本の学校とフィリピンの学校では状況が大きく異なるので、SNTLSBEIの現状にあった避難の仕方を考え、提案してそれに基づいて避難訓練を実施しました。

学校運営の方々は、タナウアンの町長さんとかけあってくれて、町のレスキューチームと合同で避難訓練を実施する手配をしてくれました。

 

子どもたちにとっては初めての経験で、まだまだスムーズにいかなかったり、どうしてもざわついてしまったりするところがありましたが、初めからうまくいくわけはありません。こうした取り組みを継続する中で、防災意識が高まっていくことを期待したいと思います!

IMG_2557
201509/08(火)

8月26日、この日は昨日の続きの作業を行いました!

 

まず、iPadで記録した写真ごとに、①どのような災害の時、②危険or安全、③その理由、の3つを整理していきました。

分かりやすくまとめていくために、付箋紙の色で災害の種類を分類し、そのうえで危険or安全、その理由を付箋紙に昨日のグループごとにまとめていきました。

 

グループごとにまとめが終わった後、全体で共有し、その写真の場所がどこなのかを、大きな地図の上に張り付けていき、防災マップの下地を完成させました。

 

このワークショップでは限られた地域の防災マップしか作成できませんでしたが、子どもたちにとっては身近な場所を再確認する意味でとても意味があったと思います!

IMG_2493
201509/08(火)

8月25日、ワークショップを行うSto Nino de Tanauan Leyte School for Basic Education Inc.(SNTLSBEI)を訪問しました!

 

午前中は、小学校の行事がありそれに参加させていただき、午後からいよいよワークショップ本番!

 

高学年の児童15名を3つのグループに分け、小学校周辺を1時間程度じっくり見て回りました。メンバーは、小学生たちに様々な問いかけを行い、どこが危険か、どこが安全か、またその理由は何かを考えてもらいながら観察を行っていきました。

また、観察結果を他のメンバーや児童にも共有するために、iPadを使って写真を撮影し記録していきました。

 

炎天下の中、みんな本当にお疲れさま!

 

観察終了後、小学校に戻り、モニターを使って他のメンバーや児童に観察の結果を簡単に報告しました。

この日はこれで活動終了。翌日、観察した内容を紙に書きだし、大きな地図に張り付けていく作業を行います。

201509/08(火)

8月24日の朝、レイテに無事到着しました!

 

この日は初めてレイテを訪問するメンバーも3名いたため、準備と被災後の現状を確認するためのフィールドツアーに出かけました。

 

被災から約2年、良くなっているところもあれば、2年前からほぼ変わっていないところもたくさんあります。

特に仮設住宅でいまだに不自由な生活を強いられている人たちがたくさんいる現状があり、改めて支援を継続していく必要性を実感しました。

 

明日25日からはいよいよ防災マップ作りワークショップの本番。

気持ちを引き締めて、よいワークショップとなるように頑張りたいと思います!

IMG_2448
201509/08(火)

8月23日に、防災マップ作りの活動を行うために、レイテへ出発しました!

翌日24日には現地に入り、準備をして25日と26日にワークショップを実施する予定になっています!

 

良い活動ができるように、行ってきます!

IMG_2371
201508/16(日)

今夏、私たちは再びレイテ島に渡航することになりました!
今回は、「防災」をテーマに活動します。

具体的には、防災マップを現地の小学生たちと一緒に作成し、①非常時に安全を確保できるようにすること、②防災マップ作りを通して安全への意識を高めること、の二点を目的に活動します。

 

現地での活動をスムーズに進めるために、渡航前に防災マップ作りのリハーサルを行いました。

実際に現地で行う手順に従って、①タブレット端末を用いて情報収集、②収集した情報の整理(安全&危険のランキング)、③整理した情報を地図にプロット、④防災マップの完成とリフレクション、という流れでリハーサルを実施しました。

 

実際にやってみて、小学生を対象とするために情報収集で歩き回る範囲を決めることや、短時間で集中して活動を進めること、分かりやすく表現することなど、いくつか注意点が浮かび上がってきました。

今回得た教訓をもとにして、現地で良い活動ができるように頑張りたいと思います!

 

レイテ島の復興は、一つひとつ確実に前に進んでいきます。私たちも、少しでもそのお手伝いができればと思っています!
情報学を専攻する私たちができること、その一つは、レイテ島で起きてしまった悲しい出来事を、2度と同じことが起きないように次の世代に伝えていくためのお手伝いだと思っています。

今回の活動である「防災マップ作り」はその具体的な方策の一つです。
この活動が、レイテ島の人々の笑顔を守ることに繋がること信じて、がんばりたいと思います!!

PAGETOP