第2回Gakuvo Style Fund活動報告

AIAB

DSC_0594
201512/11(金)

こんにちは!

日本よりバングラデシュの方が

お腹の調子が良かった横山です。

 

4日目は中学校と乾燥工場に

ヒアリングに行きました。

教育をテーマにしており、

学校訪問はメンバーも楽しみにしていました。

いつも日本人を歓迎してくれ、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

中学校では、生徒側の視点だけでなく

学校運営側の視点も意識して調査しました。

道徳教育もまだまだ課題がありました。

学力教育も十分ではなく、

大半が塾に通っている状況でした。

写真のように

学生たちのエネルギーは凄まじかったです。

日本も負けてはいられません。

 

乾燥工場では、乾燥だけでなく、

精米や販売まで一貫しており、

米の市場について理解を深めることができました。

米は販売価格がピンキリなので、

米の市場は膨大でした。

 

この日に食べたビスケットが美味しすぎて

ジュートや米のバングラデシュの印象が

ビスケットのバングラデシュに変わりました。

 

いよいよ現地渡航調査も大詰めです。

頑張っていきまっしょい!!

s_IMG_8157
201512/11(金)

こんにちは!

バングラデシュに、気分転換の日本食を持っていこうと決め、

カレー味のカップラーメンを持って行って

泣きそうになった井手です、どうも。

(バングラデシュの料理は基本的にすべてカレー味)

 

3日目はレンガ工場へ訪問しました!

本当の貧困を知るというのも、今回の私たちの渡航のテーマでした。

なので、お金に困り学校へ行くことの出来ない

子供の姿を見ることが出来ると思い、レンガ工場へ訪問しました。

 

私たちが訪れた工場は、18歳の青年が一番若く、

児童労働の子供に話を聞けませんでしたが、

実態がわかる良い訪問になりました。

お金を稼ぐ一つの手段として、

レンガ工場が考えられていることなど、

日本で考えていたイメージと違った話も聞けました。

ただ、やはり児童労働としてレンガ工場などが使われるのは

多く有り、大きな問題の一つであるとも改めて感じた訪問でした。

 

この日は、夜に、農家にもヒアリング調査をかねて訪問しました。

改めて農機具についての話、農業で困っている話など

いつも協力してくれる農家のみなさまに感謝しかありません!

 

このヒアリングを活かして、

もう一度農機具の製造に力をいれ完成させようと思いました!

頑張ります!

 

写真はレンガ工場であった少年達。

彼らはきっと将来ビッグになります!

DSC_0590
201512/09(水)

こんにちは!

AIAB〜バングラと共にある〜

広報部最高顧問補佐に昇格した横山です!

 

今回は11月の現地渡航での活動内容についてです。2日目は3つの作業を行いました。

・小学校へのヒアリング

・米の乾燥工場でのヒアリング

・農機具のショップ見学

 

小学校にはたくさんの問題があります。一つ例を挙げますと、先生一人あたりの抱える生徒が非常に多いです。そのため、学校終わりに塾へ行く生徒がほとんどでした。やはり、バングラデシュの教育環境は整備されているとは言えない状況です。

 

乾燥工場では米の種の乾燥を行っており、乾燥機の活用幅が広がる大変貴重な情報を手に入れることができました。

 

農機具のショップでは、中古の中国製しかなく、日本製は見当たりませんでした。

中国製はすぐに壊れるのですが、農民はそれが当たり前だと思っていること、他には日本製は高すぎて手が出ないことなど様々な農民の本音が見えてきました。

 

食事は三食カレーを右手で頂きました。海外の生活に溶け込むのも、現地渡航の醍醐味です。さぁ、次も頑張ります。

s_DSC_0531
201512/08(火)

こんにちは!

AIAB〜バングラと共にある〜

広報部最高顧問の井手です!

 

今回は11月の現地渡航での活動内容についてです。

1日目はNGO団体PAPRIへの訪問でした。

PAPRI は、バングラデシュのダッカの北東、ノルシンディ地域を中心に

女性の人権問題をはじめとする道徳教育に力を入れています。

 

そこで実際の教育風景を見学し、女性達に色々なお話を伺うことが出来ました!

この日は、衛生面の教育を行っていました。

手を洗うこと、爪を切ること等が何故大切なのか。

基本的かもしれませんが、

こういった教えが学校でなかなかされないのが現状です。

この訪問で、道徳教育がバングラデシュには

必要であり遅れていることも確認でき、

また一つ取り組むべき道が見えるきっかけとなりました。

 

そしてPAPRI代表との会談もでき、

活動にとってプラスとなるお話を聞くことが出来ました。

活動面のお話、バングラデシュをどうしたいのか、

経営についてのお話やマインドについてなど、

いっぱいメモしました(笑)

必ず活動に活かします!

ありがとうございました!!

 

gakuvo (2)
201512/01(火)

AIAB~バングラと共にある~

広報部助手の黒田です。

今回は今年の9月の渡航の報告です。

 

9月はGWに引き続き、Jessoreという地域を対象に乾燥機を製作し、実験を行ってきました。

GWで手に入れた情報を活かし、日本で製作・実験・改良を重ね、実際に9月の渡航ではバングラデシュで火力式の乾燥機の製作に取り組みました。そして、現地の農家の方に協力をして頂き実験を行いました。

その結果、新たに得られた情報やデータが多々あり、今後の活動に有意義なものになりました。

 

また、現地では乾燥機の製作・実験以外にも小学校訪問や農家ヒアリング調査、JICA訪問を行いました。

そこで得られた情報で乾燥機の販売・普及、そしてバングラデシュの教育に対して、私たちに何ができるのかということを考え、現在活動を進めています。

 

IMG_2691
201511/25(水)

AIAB〜バングラと共にある〜

広報部助手の横山です。

11月の現地渡航に向けたMTGの報告です。

日本で農機具開発に邁進する日々ですが、販売・普及に向けてたくさんの課題が残っています。ターゲットである農家についてもっと知る必要がある!!!

 

今回は農家の生活を「農業・農機具」と「教育」の観点から丸裸にします。我々は話し合いに話し合いを重ねていくつかのポイントに絞りました。

①農家は農機具を買うお金あるのか?

貧困層向けの銀行を訪問!

②農機具はどこで買うのか?

農村近辺の農機具販売所を訪問!

③農家はどんな毎日を過ごしているのか?

農村でひたすら密着取材!

④子どもは学校へ行けているのか?

満足しているのか?

公立の小学校、中学校、高等学校へ訪問!

⑤スラムの子どもは学校行けているのか?

僻地のスラム街へ訪問!

⑥働いている子どもは学校へ行けているのか?

児童労働の多いレンガ工場へ訪問!

⑦その他どんな問題を抱えているのか?

調査の結果、

女性問題(差別、身体の変化、出産等々)が

根深いとのことなので、関連のNGO団体に訪問!

 

今回の現地渡航ではこれらを実行し、

バングラデシュと日本の架け橋を作る

大きな一歩に・・・

いざ計画を立て予算の見積もり!!

後は出発の日を待つのみです。

 

ところが・・・バングラデシュで邦人男性が

巻き込まれる事件が発生したとの情報を入手、

我々は無事現地渡航できるのか・・・

緊急ミーティング決行!!!

 

次回の更新では、その後の我々の行方を報告したいところですが、その前に9月に行った現地渡航の様子を報告します。楽しみにお待ちください☆

 

 

s_2015-04-30DSC5187-2
201511/22(日)

こんにちは!

AIAB広報部の井手です!

 

今回は、授業の枠を超えてこの活動を続けるきっかけとなった、

2015年GWのバングラデシュでの活動内容を紹介致します。

 

ターゲット地域を前回のGazipurからJessoreへ変え、

籾乾燥機のニーズ調査を行いました!

また、乾燥の行程等も再度洗い出すことで、

地域によって多少の違いがあることもわかりました。

 

また教育においても、首都ダッカに近いGazipurと

農村地域のJessoreで大きく違いました。

発展途上国は地域によって様々な面で大きな差があると

改めて実感した渡航でした!

 

今回の渡航でもさまざまな人達と出会い、

私たちの最後の学生生活も”バングラと共にある”と想い、

活動を自主的に継続することに決めました!

 

IMG_6941
201511/20(金)

①の続きです!

 

昨年の段階で、

農機具については、籾乾燥機を製造するということで決まりました。

しかし現地では、農機具についてだけでなく、

教育についても情報を得る必要が有りました。

私たちの理念、”子供達が夢の実現に向けて挑戦できる社会”

これを、農機具を製造し普及させることで本当に成し遂げられるのか?

 

そのために小学校や農家の子供へのヒアリングも行いました。

子供達は、どんな教育を受けて、教育にどんな思いを持っているのか

どういった問題が広がっているのか?

少しずつ色んなコトが見えたヒアリングを行う事が出来ました!

また、子供達の笑顔に触れた事で、

私たちは元気とやる気をもらい、活動をもっと前に進めていこうと思えました!

 

こうした思いを胸に、私たちは2014年の現地渡航を終えました。

理念のもと、籾乾燥機の完成にむけて日本で活動を続けました…

 

 

IMG_6883
201511/20(金)

こんにちは!

更新遅れてすいません!

 

今回は去年のバングラデシュでの活動を報告したいと思います。

昨年は、現地のGazipurという地域を対象に、農機具のニーズ調査および製造を行いました。

現地のBRRI(バングラデシュ稲研究所)と協力し、

回転式の籾乾燥機の製作に着手していました。

(実際の様子は写真をご覧ください!)

 

籾乾燥機の製作と併行して、農家や小学校へのヒアリング調査も行いました。

農家では、実際に乾燥機の需要はあるのか?

他に困っている作業はないのか?教育の状況は?

など疑問点を洗い出し、状況を伺いました。

 

農家でのヒアリング内容について話し合い、

コスト面、性能を担保できれば籾乾燥機があることは、

十分農家にいい影響を与えることができると考え、

私たちはより良い乾燥機の製作を続ける事に成りました。

(②に続く)

乾燥機
201510/07(水)

こんにちは!今回は、私たちの活動について紹介したいと思います。

 

私たちは農業×教育をベースに途上国の人達の生活水準の向上を目指しております。

今回、ターゲットにしている国はバングラデシュです。

 

去年は農家の方達が米を乾燥できないがために、多くの収穫物を腐敗させてしまっており、腐敗を防ぐ乾燥機に対するニーズを発掘しました。

 

また、農家の子どもたちは貧しいがために満足に学校に行けていないため、農機具の効率化を図り、農家の収入向上、子ども達の教育へとつなげたいと考えております。

 

そこで、私たちのもとで現地に適した乾燥機を製作し、実験を行っておりました。

乾燥機の写真を挙げておきます。今回は機能性を考慮した乾燥機でデザインについては今後アレンジを加えておくことを考えております。

 

今後は現地の状況調査を深めていきたいと思います。

 

そして次回の更新では、

現地調査に向けたMTG及び去年の現地調査を詳しく紹介したいと思います。

楽しみにお待ちください☆

IMG_7762
201508/25(火)

こんばんは!この度は、私たちの活動に支援していただきありがとうございます。

この場をお借りして、改めて御礼申しあげるとともに、

バングラデシュをより豊かにしていくために、メンバー一同頑張っていきたいと思います!!

 

本日は、渡航について具体的に日程を決め、気持ちを高めていました(笑)

やはり、実際に日程が決まるとワクワクしますよね!

海外や国際協力が好きな人はみんなそうだと思います(笑)

海外へ出て行く日本人が増える事を願って、、

次回のミーティングでは現地での具体的な活動を

より深める為の議論をしていきます。

 

そして次回の更新では、

私たちの活動を詳しく紹介したいと思います。

楽しみにお待ちください☆

 

 

PAGETOP