第2回Gakuvo Style Fund活動報告

柏の葉天文部

12823503_974334949281441_8532912021071225436_o
201603/31(木)

年度末ぎりぎりに更新します。

 

今年度も柏の葉天文部をご支援いただきありがとうございました。

11月から始めた「大人のためのアストロトーク」シリーズは、参加してくださる方の温かい声援や的確なアドバイス、関係各所の皆様のご協力によって、一歩ずつ洗練されていきました。アストロトークと一緒に、私達も成長することができたように感じています。

 

3月のワークショップで作った立体星図は、それを手にすると、自分の手で作り上げた実感が心の中にあふれてきます。それと同時に、準備が詰めきれなかった部分を思い出しては、心がぎゅっとなって悔しい気持ちでいっぱいになります。

写真は私の立体星図です。少しずつ手直しして、だいぶカシオペヤ座に近づきました。

 

やっと街の活動として根付き始めたアストロトークです。ここで止めてしまってはもったいないし、まだまだやりたいことはたくさんあります。「街の交流の活性化」という大きな目標を常に掲げて、明日からも活動していきます。

 

1年間ありがとうございました。(小林)

10321005_974334952614774_3367520087950444264_o
201603/15(火)

前回のアストロトークで作った立体星図は,自分なりにカスタマイズできるんです!

 

地球の位置に目線を合わせても,いまいち星座の形に見えないなあ.

机の上に美しい宇宙を飾りたいんだよなあ.

どうしたらもっと,夜空を見ているような気分を味わえるかなあ.

 

このように考えた私は,ビーズの大きさに着目しました.ビーズが大きすぎて星々が重なっているように見えてしまうのではないだろうかと考えたのです.

そこで,写真のように小さいビーズに取り換えてみました.

さて,見え方はどのように変化したでしょうか?きれいなカシオペヤ座が見られたでしょうか?それは次回のお楽しみ.

 

参加してくださった方にも作品を自由に進化させていただいて,今回のアストロトークのことを思い出したりさらに学びを深めるための手がかりにしていただきたいと思っています.

 

 

12828941_971292366252366_3997853597850459133_o
201603/13(日)

3月5日に開催したアストロトークでは、いつもと少し趣向を変えて工作を行いました。

作業の間は、工作なんて何年ぶりかしら!という声が上がっていました。

工作の準備をした私たちも,とてもわくわくしながら設計や材料探しなどをしていました。

 

今回作ったのは『立体星図』です。夜空に平面的に張り付けてあるように見える星々が,実は立体的に並んでいるのだということを実感できるものです。

ビーズを星に見立てて配置し,地球の位置から作品を覗くと,ばらばらに並んでいるように見えるビーズが夜空で輝く星座の形に見えるのです。今回はM字の形が有名なカシオペヤ座を題材にしました。

北の空を見上げたときと同じM字の形を目の前で再現できたでしょうか?

 

12829347_971292376252365_1753819566295411863_o
201603/11(金)

3月5日(土)、今年度最後となるアストロトークを開催しました。今回は星までの距離の測り方をテーマとしたトークの後、参加者のみなさんと一緒に立体星図を作りました。3D空間での地図に相当するもので、日ごろは地球からしか見られない星々の世界を、神様のように別の視点から見られるようになります。
工作をするなんて何年ぶりだろう、と言いながら作業に没頭する姿が印象的でした。作業の合間には、テーブルでの交流で笑顔もあふれ、和やかな会となりました。
曇天のため、観望会は開催できませんでしたが、アンケートを見ると多くの方にお楽しみいただけたようで、光栄です。

4月以降も、まちの交流の活性化を目指して、様々な企画を準備していきます。

12370756_967709993277270_3810956950908178463_o
201603/03(木)

先週の日曜日はアストロトーク前最後のミーティングでした。

次回のアストロトークは天体工作編ということで、ワークショップを行います。

ワークショップで使う材料の準備を始めた瞬間を激写!奇しくもメンバーの個性が現れた写真になりました♪

yozorakan
201602/25(木)

【アストロトーク お茶菓子紹介:夜空缶】

次回3月5日のアストロトークでは、星までの距離の測り方のお話に加え、参加者の皆さんにも工作を行います。
そこで今回は、お菓子で夜空を作ることをイメージして星型のクッキーをご用意しました。木製の星型パズルと一緒に並べると、もはやどれがクッキーなのか、分からなくなってしまいますね!参加される方はお楽しみに!

★ 菓子工房rusurusu
http://www.rusurusu.com/
★ 夜空缶紹介
http://hokuohkurashi.com/note/93214

DSC_0056
201602/20(土)

隣の人との間に働く重力を計算してみよう!

 

計算なんて久しぶり、重力って計算できるの?という方もいらっしゃったと思いますが、

「大人のための」アストロトークですから、こんな問題にも取り組んでいただきました。

ホワイトボードで数式を書いたり消したりする方、ノートに計算式をメモする方、自前のタブレット端末でエクセルを使う方など、それぞれの方法でどうにかして問題を解こうとする様子がありました。「大人の」本気が見られました。

DSC_0040
201602/18(木)

2月13日(土)に第4回アストロトークを行いました。

キーワードは「万有引力」、「連星」、そして…「重力波」。

 

重力波?奇遇ですね。

まさか重力波の直接観測が成功したという発表がなされた直後に、このテーマのイベントをやることになるとは思いませんでした。

イベント前日には、スタッフ同士で重力波の予備知識を頭に入れようと、必死に情報を共有。講師の羽村さんはイベント直前まで内容を調整してくださり、当日は重力波についての解説をやや多めにしていただきました。

 

重力波、うーん、なんとなくわかった感じがしたようなしないような…

参加してくださったみなさんはいかがだったでしょうか?

newton
201602/11(木)

次回のアストロトークのテーマは「万有引力」です。

 

万有引力と言えば…そう、ニュートンですね!

リンゴが木から落ちるのを見て、「全ての物体は互いに引っ張り合っている」ということを思いついた、という逸話が大変有名です。

 

そんなニュートンにちなんだビール「Newton」が、アストロトークに登場します。ベルギー産、青リンゴのビールです。

宇宙をめぐる天体たちは、万有引力によって互いに影響を及ぼし合いながらぐるぐると動いています。夜空を眺めながら一杯いかがですか?

12615280_955511074497162_452675108316420586_o
201602/09(火)

アストロトークと観望会に参加してくださった方で、私達の仲間になってくださった方がいらっしゃいます。

本当に嬉しい限りです!最近ミーティングの度に話題になるファシリテーションや、イベントの企画運営をお仕事になさっている方など、頼れる方々です。ありがたいです。

 

私達の活動を応援してくださる方や活動の仲間になってくださる方がだんだんと増えていくのを感じます。

私達が地域の交流を活発にすることで、まちづくりに貢献できているでしょうか。できていると本当に嬉しいです。

12615280_955511074497162_452675108316420586_o
201602/07(日)

2月アストロトークに向けてのミーティングを行いました。

アストロトークの内容を練っています。

 

できる限り参加者同士がたくさん話し、たくさん考える会にしたいのですが、これがなかなか難しいのです。

議長をやりながら、話すのが得意な方と苦手な方と両方に配慮しながら、内容は専門的に、話は分かりやすく、

スタッフはとてもとても気配りが必要です。キーワードは「ファシリテーション」でした。

すぐに改善するのは難しいですが、少しずつ皆で勉強していきたいと思います。

 

hutatubosi
201602/06(土)

突然ですが、「連星」ってご存知でしょうか?

連星とは、実際に近い距離にあって重力的な影響を及ぼしあい、互いに公転しあっているようなもののことです。

肉眼で観察すると1つに見える星が、望遠鏡で観察すると実は複数の星の集まりであるということです。

 

さて、連星にちなんで、次回のアストロトークでは「ふたつ星」というお菓子をご紹介します。

みんなの願いをふたつ返事で叶えてくれる、かわいいかわいいふたつ星。

バレンタインデー直前ということでチョコレート味のお菓子を探してきました。

sanrensei
201601/26(火)

以前ちらっと紹介しましたが、アストロトークでは毎回こだわりのドリンクを用意しています。

 

2月アストロトークのドリンクはこちら。

【三連星(純米酒)】
次回のアストロトーク第四回「万有引力編」で話題の中心は「連星」の予定です。それに合わせて選んだのは「三連星」という日本酒。

滋賀県甲賀市にある蔵元「美冨久酒造株式会社」で30代の若手社員蔵人3人を中心に醸される、新ブランドです。今回用意した純米酒は、ラベルが温度計になっていて、温度に応じて青~白へ変化するのも見どころです。飲み終わったら色が変わっていくのも、楽しみにご覧ください。
アストロトークに既に一度来られた方も、初めての方も、ぜひお越しください。会場でお目にかかるのを楽しみにしております!

DSC_0430
201601/25(月)

アストロトークには、関東の各地から、さまざまな年代、さまざまな職業の方がいらっしゃいます。

学んできたことも趣味もそれぞれ違う、けれども多かれ少なかれ天文に興味がある人の集まりです。

 

イベント終了後には毎回アンケートの記入をお願いしています。参加者の方々は、こちらにもさまざまな意見を書いてくださり、私たちメンバーはそれを参考により面白いイベントを目指して、ミーティングと準備を進めています。

前回からテーブルトークを導入したのもある方のコメントを参考にさせていただきました。

 

次回に向けて、まずは反省をまとめきらなければ。大学での勉強も忙しいですが、こちらの活動もこつこつ頑張ります。

PAGETOP