第3回Gakuvo Style Fund活動報告

高田と僕らの未来開拓プロジェクト

201612/26(月)

冬たかぷろ2016完結!!!

ついに迎えた18日。
総勢110人のサンタクロースが、プレゼントと熱いぐらいの想いをぎゅうぎゅうに詰めた白い大きな袋を背負って広田の町に散らばりました!!

あわてんぼうのサンタクロースたちが、ソリではなく自分の足で、トナカイとではなく仲間と、煙突からではなく玄関から直接、一軒一軒、一人一人に届けました。その数約1100世帯!!全ての世帯に届けきることに成功!!

白い袋からプレゼントがなくなる頃には町の人たちからの温かい言葉で袋がいっぱいになっていました。

大仕事を終えたサンタたちが戻ってくると、公民館で各地区のエピソードを語り合う交流会が行われました。
たくさん歩いて疲れているはずなのに、みんな笑顔で、お疲れさまの声があちこちから聞こえてきました。

町の人から
“ありがとう” “これからも毎年きてね”
などの言葉をもらったことや、握手した手が温かかったこと、最初は緊張していたけど、配っていくうちに自分から町の人と話すことができるようになったこと、たくさんのほんわかあったかいエピソードが飛び交いました!

町の人同士も、東京からきた学生と町の人も、みんな繋がり、広田町全域があたたかさで溢れているのを実感!!

そして、次はみんなで何がしたい?!と、さっそく次の話がでてきました!

“勉強教えて欲しい!”
“スポーツ大会がしたい!”
などの声の中に、とてもシンプルな言葉が・・・
“またみんなに会いたい”

サンタ企画を通して、素敵な出会いをたくさんしました。この出会いを大切にして、これからも一歩一歩たかぷろは進んでいきます。

この3ヶ月、協力してくださった全ての人に感謝の言葉を伝えたいです。本当に、ありがとうございました!

これにて、冬たかぷろ2016、完成です!!

201612/26(月)

冬たかぷろ2016完成へ!!

たかぷろチームは、12/17(土)、18(日)に冬たかぷろ本番としてプレゼントを配るべく、広田町に現地入りしました!

今回は本番の2日間を2回に分けて報告していきます!!
第1回は17日(土)についてです!

この日は大きく分けて町内放送と決起会の2つをしました!

まずは町内放送!
今回の冬たかぷろでは、広報活動として、全世帯へのチラシの配布、
そして広田町での前日町内放送をしました!

午後2時から5時までの間、「明日サンタさんが家にやってくる!」という声が広田町内に響き渡りました。
夕暮れ時に流れる町内放送は、どことなく趣があって、
アニメのワンシーンを見ているかのようでした。

この町内放送によって、町の人々に私たちの想いが伝わっていたらいいなと思います。
そしてその日の夜にはサンタが一同に結集する決起会が開催されました!
100人を超えるサンタが広田小学校の体育館にぞくぞくと集まってくる風景はとてもわくわくするものでした。

プレゼントを配る地区ごとに円を作り、向かい合って話し合えるような形で行われ、
それぞれの地区で、次の日のプレゼント配りに向けての意気込みや心構えを熱く語り合いました!!!

プレゼントの中身や届け方の説明を受けたサンタは、
『笑顔』や『つながり』といったキーワードの中から、「一人ひとりが配るときに大事にしたいもの」を選び、共有し合いました。

最後に、一人ひとりの想いがこもったその地区ならではの宣言を考え、全員で円陣を組んで大きな声で叫び合いました!!

寒かったはずの体育館が、そこにいるサンタたちの熱気によって最大限に暖められ、
「明日に向けてやってやるぞ!」という全員の想いが一体となっているその光景は、普段では見られない最高のものでした。

こうして本番を前にして準備は整い、あとはプレゼントを明日配るのみ!!

 

201612/10(土)

【12/3~4 最終現地入り!!!!】

冬たかぷろ16、大学生コアメンバー23人での最後の現地入りが終了しました!
3日の午前中に12/17に当日への124人の気持ちを勢い付けるための決起会、そして18日に行われるプレゼントを配りきった後のお疲れ様でした!という意味もこ込めた交流会の目的目標決めをしました。とても重要な決め事だけに全員頭をフル稼働!!決起会はサンタ一人一人が自分の想いを盛り上げる場に、交流会では124人のサンタの頑張りを称えあう場になります!!

午後は地区ごとに当日町を案内してくださる大人の方との当日の動きの最終確認のための会議に出かけるチームもあれば、最後の現地入りながら完成した現地入りでのルールを模造紙に書き出す作業をしたりと、動きはさまざまです。
第一回目の大人の方との会議の時はとても緊張していたメンバーも、気が付けばその方に会うのが楽しみで仕方なくなっていることに気づき、早速温かい気持ちにさせてもらいました。
そして夕方から最後の高校生と大学生が集まって当日に向けての会議が行われました!
なんとこの日は全員センタ服を着ての参加です!!
今回の会議では決起会、交流会、それぞれどんなコンテンツにするのかを起承転結の四コマ漫画風に写真を撮ることでイメージを付けました。写真を撮るのが日常化している若者の私たちとしては実に楽しい時間です!
“冬たかぷろ16を通してどんな自分になりたいか、その自分に一歩近づくためにどんなことをやりきるか“一人ひとり宣言をして無事会議終了!!
そしてこの日は、プレゼント作成をしながら高校生とのお泊り会の日です!!

4日は朝から夕方までひたすらプレゼント作成でした!!
一緒に作っている高校生の中には広田の町や人の温かさを知ってもらいたいと思っている子や、『来年も来てほしい』と思ってもらいたいと考えている子など、広田が大好きな子たちが集まっています!完成品はまだ内緒ですが、町の人みんなが繋がれる、そして町中が温かい気持ちで溢れるようなとてもかわいらしいものになっています!!
来週はついに本番です!!当日広田町全域を巻き込んで、町の人と124人のサンタと心から笑顔になれるようにラストスパート頑張りますっ!!

201611/02(水)

【第2弾】冬たかぷろ本格始動!!

9月22日大学生コアメンバー始動の東京キックオフミーティングから約1ケ月、10月29日〜30日にたかぷろチームは活動拠点である陸前高田市広田町に現地入りしました!冬たかぷろが始まってからメンバー全員そろっての現地入りは今回が初です。

今年も冬たかぷろでは広田町全世帯にプレゼントを配る、サンタの企画を実行します。サンタ企画はなんと今年で4年目。嬉しいことに、町の人からは「今年もサンタやるのか?」という声をもらうくらい毎年の恒例行事となってきてはいますが、もちろん中身は毎年グレードアップしています。今年の冬たかぷろの目的は“広田町全世帯に対して、町と若者の可能性を感じるプレゼント、そして、サンタの想いを直接届けることで、町の繋がりが深まり、ほんわかあったかい気持ちで溢れている状態を創り出す”こと。この目的のもと毎週東京でミーティングを積み重ねてきましたが、やはり一緒にプロジェクトを進める広田町の高校生コアメンバーと会議をして、町の人に触れあうことができる現地入りは欠かすことができません。今回の現地入りでは主に、一緒にサンタになってプレゼントを配る地元の大人の方に会いに行ったり、高校生コアメンバーとの冬たかぷろキックオフとなる会議をしたりしました!大人の方に会いに行き今年のサンタ企画について話をしたところ「今年はこうしたほうがいい!」や「今年も任せてください!」といった心強い声がたくさんあがりました^^高校生会議の中では、紙芝居を作って冬たかぷろでのゴールイメージを全員で膨らませました。楽しく紙芝居を作るなかでも、自分たちがサンタになってプレゼントを届けることによってどんな状態を創りだしたいのかしっかりと考えることができました。次回の会議からは細かい動きを考えるフェーズに入っていきますが、このゴールイメージは大切に胸に留めて進めていきたいですね!

冬たかぷろ当日大学生メンバーも募集が開始しています!

 

募集ページはこちら

 

冬たかぷろ、本格始動です。

201607/31(日)

【第1弾】団体紹介

岩手県陸前高田市の高校生と外部の大学生が共に地域のためにアクションを起こし、地域と自分自身の未来を切り拓いていく「地域活性化×教育」プロジェクトです。

「人のために」という想いが循環し応援し合えるあたたかい地域社会を目指しています^^

(公式ホームページはこちら→http://takapro.org

Colla・vo(こらぼ)
医療系学生サークルMEDICUS
とみや×みやがくプロジェクト
学生有志団体 小諸アートプロジェクト
FIWC九州(フレンズ国際ワークキャンプ九州委員会)
防災アートフェス実行委員会学生部
特定非営利活動法人 伊能社中
フクロウフレンド
Yuru・vo(ゆるぼ)
NPO法人SoELaフレア部門
桜美林大学 牧田ゼミ 都路プロジェクト
国際ボランテイアサークル
Coffee House Tokyo
Kochi Leaders Program実行委員会
そらいろ子ども食堂
MAKE SMILE
学生団体 リプラボ
うんとイイトコ南相馬!
理科の修学旅行実行委員会
COP恩返しプロジェクト
地域活性団体 なないろプロジェクト
I’LL...
Baca・vo(ばかぼ)
兵庫子ども支援団体
医療系学生による国際協力隊euphoria
日本フィリピン交流サークル PocoPoco
ストリートチルドレン芸術祭
絆焼うどんプロジェクト
KUTA project
FIWC九州(フレンズ国際ワークキャンプ九州委員会)
高田と僕らの未来開拓プロジェクト
Exedra
コトバのたび
SPW
学生NGO HaLuz
PRC ロンブロンキャンプ
首都大学東京 ネットワークデザイン研究室 有志
木島平村公認サークル わせだいら
花咲くLife
インドワークキャンプ団体namaste!つくば支部
桜美林大学SLC-V
きっかけ食堂
アフリカ医療研究会

※団体の順番は、応募時のエントリー順です。

PAGETOP