第3回Gakuvo Style Fund活動報告

COP恩返しプロジェクト

201610/30(日)

10月29日・30日 福島大学 学祭での活動報告

先日10月29日、30日に行われた福島大学の学祭にて川内オリンピックについての活動報告を行いました!

今回は、COP川内恩返しプロジェクトとしての出店で、ピザ部門から川内ピザの販売があり各3部門からそれぞれの活動報告が行われました。

 

11月24日から準備を進め、今までの活動を模造紙にまとめていきました。活動についての意義や想いを再確認したり、本番のことを改めて考え反省したりする良い機会になったと思います。

 

当日の二日間はピザの販売のおかげでたくさんの方々がブースを訪れて下さり、私たちの活動について興味を持って頂くことが出来たと思います!

 

201610/02(日)

10月2日 日本災害復興支援学会でプレゼンをしてきました!!

10月2日、今日は宮城県石巻専修大学にて行われた日本災害復興支援学会の成果報告会に参加してきました。熊本、神戸、仙台、岩手、福島など全国から学生や大人たちが集まった学会でとても緊張しましたが、COP恩返しプロジェクトの活動としてCOP3グループそれぞれのリーダーがそれぞれのグループの活動成果や今後の展開などをまとめ、発表してきました。自分たちの発表だけではなく、日本各地の大学生のプレゼンを聞いたり、その後の交流会で仲良くなったりと、私自身初めての学会という場はとても勉強になり、刺激を受けた場でした。

今回学んだこと、発見できたことを今後に生かせられるように頑張ります。

201609/03(土)

9月3日 第2回川内オリンピック開催!(後半)

三種目目はカーリンコン!

川内村ではメジャー競技ですが、学生のほとんどが初めてということで、村民の方々に教わりながら競技に挑みました。最終種目ということもあってか、大盛り上がり!!素敵な時間になりました。

 

どのチームも接戦でしたが、総合優勝は黄色チーム!

黄色チームには賞状を授与しました。

また参加賞として皆さんに景品をプレゼントしました。

 

今回は去年に引き続き2回目の開催ということで、「川内オリンピック」という企画を認知している村民の方が多く、「毎年続けてほしい」と言った声が多く聞こえてきました。

学生も村の子供達も「楽しかった!」「またやってほしい!」と言ってくれてとても嬉しかったです。今年は高齢者の方から子供まで幅広い年齢層の方に楽しんでもらえるよう

競技などを企画しました。村内だけでなく村民の方と学生との距離も縮まったように感じます。皆さんに楽しんでいただけてとても良かったです。

 

201609/03(土)

9月3日 第2回川内オリンピック開催!(前半)

いよいよ第2回川内オリンピック当日!!

川内小学校の体育館を会場に、村の小さい子からお年寄りの方まで集まってくれました(^O^)/

村の方々、学生を合わせ4チームでの対抗戦を行いました。

最初の種目は川内村のお年寄りの方ので間でメジャーな、グラウンドゴルフ!

チーム毎に1列に並び列車のようにテープの輪に入り移動するというルールを加えました。走ってボールを打っての繰り返しで、疲れてしまうかなと不安もありましたが、皆さん楽しそうにグラウンドを駆け回っていました。

 

休憩を取った後、2種目目!体育館に移動し、玉入れ競争!

移動するかごを追いかけて玉を入れるという、これもまた体力のいる競技。

子供達に負けずと大人の方々も走り回っていました。

 

休憩にはピザ班が考案した、川内村の特産品のそば粉などで作った川内ピザを振る舞いました。

 

201609/02(金)

9月2日 川内オリンピック開催直前です!!!

9月2日、明日はとうとう川内オリンピックの開催です!!

と、いうことでオリンピックの競技に使うグラウンドゴルフの道具やカーリンコンなどを借りに川内村行ってきました。今回はみんなの予定が合わず、リーダーの遠藤だけが川内へと向かいました。道具を貸していただいた社会福祉協議会の方々も、村役場の方々も快く承諾して下さったこと、防災無線で毎週宣伝しているおかげで川内オリンピックを知って下さっている方が多く「頑張ってね」などの声をかけて下さっていたこと、とても嬉しかったです!

また、この日は会場となる川内小学校の教頭先生と最終の打ち合わせをさせていただきました。第2回では小学校の校庭と体育館を大きく使うのですが隅々まで見たり、こんな場所をあんな使い方ができるんじゃないかなど考えたりして明日の本番が楽しみになりました!!

明日はみんなで成功するように頑張ります!

201608/24(水)

8月24日 川内村第1区区長の遠藤さんと西川珠美さんへ調査と宣伝!

今日は川内村へ出向き、川内村第1区の遠藤区長と震災後に村に移住し、川内村の活性化のため精力的に活動されている西川珠美さんへ宣伝とオリンピック開催に対しての意見を伺ってきました!ちなみに、西川さんは福島大学出身です!

 

初めに、このような行事を計画するときの参考として西川さんが川内村で活動する上でのモットーを伺い、「川内村を盛り上げたいという気持ちをもって村民の方々へ意見を提案し、つながりあっていくことがモットーだ」とおっしゃっていました。また、私たち学生がこのようなイベントを開催することについてどう思うかという質問に対し、「川内村は少子高齢化が進んでいて世代間交流の場が減っている。村内では若者と交流する機会が少ないのでこのイベントには期待している」との意見をいただきました。

 

次に、川内村第1区の遠藤区長へヒアリングを行いました。1つ目にオリンピック開催についての意見をお聞ききし、「川内村と関わりたいとおもうことは良いこと。オリンピックを開催するだけでなく、そのあとに川内村の良さを広めてほしい」という意見を頂きました。2つ目に何をすれば村民の方々のためになるかという質問をし、「自分たちの意見を主張し、このようなイベントをもっと行うことが良い。そして川内村との伝統を築いてほしい」という意見を頂きました。

 

最後にオリンピックを宣伝をしたところお二人からも村の方々へ宣伝をしていただけるとのことでした!今回いただいた意見を参考にオリンピックがより意味のある活動となるように頑張っていこうと改めて思ました!

201608/01(月)

8月1日 小学校へのアポ取りと防災無線への許可取り

今日は、オリンピック開催予定地である川内小学校にオリンピック開催のためのご協力をもらえるように私たちのオリンピックの趣旨とその思いを伝えに行った。昨年小学校で大学生が活動していたこともあり、きちんと私たちの思いを伝えたところ、私たちの開催の思いを前向きにとらえてもらい、場所や物品の提供をしてもらえることになった。私たちの思いが伝わり私たちの活動が認められた気がしてすごく嬉しく感じた。そのあとは、防災無線での宣伝を行えるように役所に許可を取りに行った。こちらも快く了承していただきほっとしつつ、これまた嬉しく感じるとともに、絶対に活動を成功させたいという意欲も高まった。企画を認めて力を貸してくださる方のためにも絶対に成功できるようもっと頑張っていきたい。

201607/05(火)

7月5日 COP全体報告と連携

今日は、第1回COP合同ミーティングを行った。COPとはキャンドル、オリンピック、ピザの略で3団体に分かれており、各部門ごとに様々な活動を行っているが、各部門の活動報告が出来ていなかったので今回合同ミーティングを行った。キャンドル班は、9月のお祭りの際に行うキャンドルの設置に向けた、消防の許可取りであったり、キャンドルで使用する竹を切ったりしているという報告があった。ビザ班はマラソン大会での出店のことや試作品についての報告があった。そのなかで、ピザ班からぜひオリンピック開催の際に村民の方にピザを配って村民の方々に自分たちのピザを知ってもらいつつ、住民の方々に喜んでもらいたいという気持ちがあることを聞いた。オリンピック班としてもピザという食を通して大学生と住民の方々がもっと仲良くできるのではないかと考え、オリンピック当日にビザを出すことに決定した。この合同ミーティングによりピザ班とオリンピック班の合同企画が生まれて、よりよい第1回COP合同ミーティングとなった。

201606/30(木)

6月30日 進捗状況と7月にすべきことの話し合い

今日も図書館にて、10日に決まった見通しがどのくらい進んでいて、そのうえで7月はどのように動いていくのかについて話し合いました。

話し合った内容は以下の通りです。

・小学校の先生と打ち合わせをした結果、9月3日、4日が良いのではないか

・日程が決まり次第、チラシを作成する

・川内村の情報伝達手段として挙げられる防災無線、広報誌の担当の方に宣伝のアポを電話で取ってみる

・競技で使う予定のカーリンコン、グラウンドゴルフの物品借用をどこから借りるか調査をする

・学内での宣伝方法はどのようにするのか(案として学内のテレビと掲示板にポスター掲載、「むらの大学」受講生に向けて宣伝など)

 

オリンピック開催においては順調でした。しかし、福大の学生をどのように集めるのかがこの時の一番の課題でした。

201606/21(火)

6月21日 競技の検討

こんにちは!

今日も引き続き企画を話し合いました。今回はこのオリンピックの中心となる競技について!

 

昨年度の先輩方が行った参加者アンケートの意見を参考にし、老若男女問わず楽しめるものを考案していきました。昨年度はフットサル・バレーボール・カーリンコンの三つでしたが、カーリンコン以外の二つはなかなかみんなが楽しめた様子ではなかったため、二つを新しく考えようということになりました。ちなみに、カーリンコンとは川内村ではとてもポピュラーなのですが、私たち自身も川内村と関わるようになってから知ったメンバーの多い競技で、カーリングを体育館や畳の上などといった地面で行うといったようなルールです!これは楽しく、ルールも簡単なうえに誰でもできる競技で、まさにこのオリンピックにぴったりでした。

 

そして様々な思考の結果、お年寄りの方々に人気のあるグラウンドゴルフ用具を用いたゴルフリレー、少し運動会っぽいところもありますが玉入れを改良し、かごを持った人が移動して、その移動するかごの中に玉を入れていくという移動玉入れの二つに決定しました。先程のカーリンコンと合わせて三つの競技が決まり、必要な物品なども決まっていき、徐々に準備も本格化してきました!もう少しで6月も終わり、夏に近づいてくるので、このまま着実に準備を進めていきたいと思います!

 

201606/10(金)

6月10日  今後の見通しを立てました!

今日は、昼休みに図書館に集まって今後川内オリンピック開催に向けた具体的に動くべきことを話し合いました。

話し合った内容は以下の通りです。

・宣伝かつ学生の活動として広めたい目的でFacebookを開設したらどうか

・来週の話し合いで競技を確定させよう

・川内小学校の先生方と連絡を取り、日程、趣旨、競技、物品借用などの打ち合わせをする

・この企画を「未来バス」対象企画として採用できないか大学職員の方と話す

(この「未来バス」とは県内各地で行っている運動会や例大祭などのお手伝い、被災地での活動などに福島大学が不定期で学生を募りバスを出して訪ねるというプロジェクトです)

 

 

今回の話し合いで具体的に動く内容が決まったので、いよいよ川内オリンピックに向けて動き出した感じがします!!

 

201606/09(木)

6月9日 昨年開催した先輩方へ質問

今日は昨年川内オリンピックを開催した、先輩3人に宣伝方法や第1回開催の思いなどのお話しを伺いました。第1回川内オリンピック実行の経緯は、以前の川内村フィールドワークで感じた若い人と村の人との交流の少なさを踏まえて、もっと若い人、特に大学生と村の人たちの交流の場を増やしたいという思いで企画したことから始まったそうです。ターゲットが学生ということで大学で宣伝をしたりという部分では、私たちの開催目的である大学生と川内村の人達の架け橋となるという目標と似ている部分があるので、今日聞いた宣伝方法や思いなどを参考に活動を深めていきたいと思います。

201605/24(火)

5月24日 第2回川内オリンピックの趣旨について

前回の話し合いの中で、再度川内オリンピックを開催することの趣旨を確認する必要があると感じ、それを踏まえた話し合いをしました。

そもそも、オリンピックを開催する理由として、

・川内村の交流人口を増やすこと。

・村内の世代間交流の場を作ること。

・川内村の魅力を福島大学の学生に知ってもらうこと。

・第1回川内オリンピックに参加し、継続して開催したいと思ったこと。

以上の4つが挙げられました。これらの理由の根本には、昨年川内村に2週間お世話になったことへの感謝の気持ちがあります。感謝から生まれたこれらの想いを、第2回川内オリンピックとして形にしようということでこの日の話し合いはまとまりました。趣旨については今後も詰めて考えていきたいと思います。

 

この日は、第1回川内オリンピックを開催したメンバーの一人である先輩への質問内容もまとめました。第1回大会の開催目的や想い、宣伝方法や予算についてなど、様々な質問をする必要があります。先輩からの情報は、私たちの今後の活動に必要不可欠なので、うまく聞き取りしたいと思います。

 

201605/17(火)

5月17日 全体の見通し

この日は、第2回川内オリンピックを開催する上での全体の見通しについて話し合いました。

 

まず、村の方々への聞き取りについてです。聞き取りの内容は、どのような競技が相応しいのか、自分たちの考えた競技についてどう思うか、といったことを川内村第1区の遠藤区長に聞く、ということになりました。また、聞き取りの際に、村の防災無線を使用した宣伝をお願いしたり、村民の方々のお宅を一軒一軒訪問し、チラシ等を使った宣伝をしたり出来ないだろうか、といった意見も出ました。

 

次に川内オリンピックの日程について話し合いました。昨年の第1回川内オリンピックを踏まえ、村の行事と被らないことや、より多くの子供達に参加してもらうため、夏休み中の開催が良いのではという意見を元に、本番の日程の候補を決めました。

 

最後に今後についてです。遠藤区長への聞き取りと村への宣伝、開催場所である川内小学校体育館への使用許可願い等の日程について話し合いました。また、競技の決定・チラシの作成・景品などの資金についての話し合いは出来るだけ早く行うことを決めました。そして次回の話し合いは、第2回川内オリンピックの趣旨を再度確認することになりました。

 

これからやらなければならないこと、話し合わなければならないことが山積みですが、第2回川内オリンピックを成功させるため、メンバー全員で協力し頑張っていきたいと思います!

 

1 / 212
Colla・vo(こらぼ)
医療系学生サークルMEDICUS
とみや×みやがくプロジェクト
学生有志団体 小諸アートプロジェクト
FIWC九州(フレンズ国際ワークキャンプ九州委員会)
防災アートフェス実行委員会学生部
特定非営利活動法人 伊能社中
フクロウフレンド
Yuru・vo(ゆるぼ)
NPO法人SoELaフレア部門
桜美林大学 牧田ゼミ 都路プロジェクト
国際ボランテイアサークル
Coffee House Tokyo
Kochi Leaders Program実行委員会
そらいろ子ども食堂
MAKE SMILE
学生団体 リプラボ
うんとイイトコ南相馬!
理科の修学旅行実行委員会
COP恩返しプロジェクト
地域活性団体 なないろプロジェクト
I’LL...
Baca・vo(ばかぼ)
兵庫子ども支援団体
医療系学生による国際協力隊euphoria
日本フィリピン交流サークル PocoPoco
ストリートチルドレン芸術祭
絆焼うどんプロジェクト
KUTA project
FIWC九州(フレンズ国際ワークキャンプ九州委員会)
高田と僕らの未来開拓プロジェクト
Exedra
コトバのたび
SPW
学生NGO HaLuz
PRC ロンブロンキャンプ
首都大学東京 ネットワークデザイン研究室 有志
木島平村公認サークル わせだいら
花咲くLife
インドワークキャンプ団体namaste!つくば支部
桜美林大学SLC-V
きっかけ食堂
アフリカ医療研究会

※団体の順番は、応募時のエントリー順です。

PAGETOP