第4回Gakuvo Style Fund活動報告

芝園かけはしプロジェクト

201805/10(木)

これからの活動を発表!

5/6(日)、芝園団地自治会総会に参加し、住民の皆様に、芝園かけはしプロジェクトのこれまでとこれからの活動を発表しました!
今回の発表では、これまでの活動を

 

・交流の場づくり:多世代・多文化の住民が交流できる場をつくる
(例)お祭りでのイベント、多文化交流クラブ、芝園サロン、…
・情報発信:日本や団地での暮らしを知ってもらう
(例)外国人住民向けパンフレット「芝園ガイド」づくり
・地域の力:地域の力で一緒に交流の場づくりや情報発信を行う
(例)各活動


と整理して、今後も交流の場づくりに取り組みつつ、さらに「多くの人を巻き込む」「『芝園ガイド』〈情報発信〉の充実」の活動をしたいと発表。

これらの活動は、学生だけでできません。地域の皆様と一緒に活動するからこそ、地域のニーズに合った取り組みができます。
また、一緒に考えて行動するプロセスを通じて、新しい人の繋がりや活動が生まれる。だからこそ、もっと多くの人を巻き込みながら、地域の皆様と一緒に芝園団地の明るい未来を思い描き、行動していきたい、と思います。

 

発表後は、皆様とお食事会!これからの活動や団地のこと、卒業した学生のことや世間話まで、様々なお話がとても楽しく、あっという間に時間が過ぎました(14時終了の予定がいつの間に15時までお食事会が続きました)。

これまで芝園かけはしプロジェクトが活動し続けられたのは、地域の皆様の支えがあったからこそ。これからも、学生一同、地域の皆様と一緒に様々な取り組みにチャレンジします!

201805/10(木)

住民のみなさんが話し合い!

芝園多文化交流クラブでは、4月15日(日)の午後に住民のみなさんが一緒に話し合いをしました。今回のテーマは6月のイベントで何をやりたいか自由に意見を出してもらうこと。

 

はじめの20分は、緊張をほぐしたり、お互いのことをちょっと知るアイスブレイクとして「バクダンゲーム」をしました。音楽に合わせてボール(バクダン)をパスしていき、音楽が止まった時にボールを持っている人が、あるテーマで自己紹介。みなさんが自ら話しをしてくれてとても嬉しかったです。

その後は、当日のメインである話し合い。ワークショップ形式で付箋にやりたいことを書き、それを模造紙に貼ってもらいました。アットホームな雰囲気のお陰でたくさんの意見が出ました!最終的には気に入ったものや、やりたいと思ったものにシールを貼って投票です。

 

次回は今回の意見をもとに6月のイベントで何をやるか、もっと細かい所まで決めていきます。また、簡単なイベントを行うかもしれません?!次回は5月20日(日)を予定してます。たくさんの参加をお待ちしています!

201805/04(金)

ふるさと自慢をしてください!

これまで、芝園かけはしプロジェクトは、自治会と協働しつつ多文化交流の取り組みをして、本当に多くの方が参加してくれました。
一方で、交流に興味の無い方には、その場に参加しづらいのも事実です。従って、多文化交流に興味の無い方とのつながりを築く、新しい方法を考える必要がありました。
 
そして、自治会の方々が出した結論が「ふるさと自慢をして下さい!」です。商店会の広場に日本地図、中国やアジア地域の地図を広げて、通りがかった人に出身地を聞きます。しかし、出身地を伺っても知らない場所なので、ふるさと自慢をしてもらうわけです。

 

ふるさと自慢は、皆さんとっても嬉しそう。聞いているこちらも新鮮な話ばかりで面白い。
その後、自治会や私たちの取り組みを説明します。つまり、交流の場に参加するハードルがなく、気軽に小さな交流をしつつ、自分たちのことも知ってもらう。そんな取り組みです。

 

この日は自治会のお手伝い。写真はスリランカの方です。やっぱり、紅茶自慢。宝石等も自慢してくれました。彼は、日本語を学ぶ留学生で、再来年には大学を目指すとのこと。とっても話が弾みました。
今後も、様々な取り組みを通じて、芝園団地の住民同士のつながりを築くことに邁進します!

201803/31(土)

ホームページができました!

2015年2月に発足してから4年目を迎えて、ついにHPができました!

 

http://shibazonokakehashi.org/

 

活動報告のほか、芝園かけはしプロジェクトや芝園団地のことをもっと知っていただけるように、魅力的なHPにしていきます。

 

また、メンバーも随時募集中です。

「メンバー募集」ページもありますので、関心のある方はチェックしてください!

 

http://shibazonokakehashi.org/?p=25

201803/28(水)

芝園かけはしプロジェクトの新企画を開催!

324日(土)に新企画を開催し、約30名の住民の方にご参加いただきました。

この新企画は、20152月に活動を始めてから3年間の経験を振り返り、〈広義の多文化〉〈狭義の多文化〉という2つの考え方を踏まえて実践してみた企画です。

 

芝園団地で起きている問題は、高齢化や国際化の進展に伴って、 地域住民のつながりが希薄になることで生じていると考えます。

例えば、住民の高齢化に伴う孤独死などの問題があります。 これは、地域住民のつながりが希薄でなければ、 解決できる問題です。また、 外国人住民の増加に伴って起きた騒音などの問題も、 日本人住民と外国人住民の間につながりがあれば、異なる感じ方になるはずです。従って、今までは、ご高齢の方のつながりを築く「芝園サロン」、日本人住民と外国人住民のつながりを築く「 芝園多文化交流クラブ」という2つに分けてアプローチしてきまし た。

 

しかし、ご高齢の方、日本人住民と外国人住民、と2つに分けず 〈広義の多文化〉〈狭義の多文化〉という2つの考え方から、 芝園団地の住民同士のつながりを築き、 人間関係の希薄さによって生じる地域の問題の緩和・解決に貢献きるのでは、と考えました。

 

〈広義の多文化〉とは、国籍だけでなく、世代の差、 性別の差など多様な差を包んだ考え方です。 大人には大人の文化、子どもには子どもの文化があるように、 日本人の間も多文化、外国人の間も多文化のはずです。従って、 広義の多文化〉の状態によって生じる問題に取り組むことは、 芝園団地に住む多様な背景を持つ人々のつながりに着目することになります

〈狭義の多文化〉は、 出身国の差によって生じる生活習慣の違いや言葉や文化の違いに着目した、 日本人住民と外国人住民との間に限定したものと考えます。

 

今回の三味線演奏会・お茶会は、 国籍や世代を問わず芝園団地の住民が気軽に集まって、 自然と交流できる場づくりのため〈広義の多文化〉 の取り組みです。試験的な新企画のため、今後は未定ですが、 設立から3年、心機一転して頑張りたいと思います!

201803/22(木)

“津軽三味線”を聞きに来てください!

私たちは、3年間の経験を整理した新企画を開始します。その第一弾は、誰でも気軽に参加できる津軽三味線演奏とお茶会です。世界的に有名な津軽三味線の大迫力の生演奏をお楽しみに!その後は、参加者同士、学生も交えて楽しい時間を過ごしましょう。手ぶらで来てください!

 

日時:324日(土)午後2時~午後3

場所:芝園団地15号棟1階集会室

参加費:無料

 

※芝園かけはしプロジェクトとは、

2018年3月現在、13大学、1高校の学生が所属する学生ボランティア団体。芝園団地における住民同士の交流を促進して、高齢化に伴う問題解決や多文化共生の推進を目的に活動中。

東京大学、早稲田大学、慶應大学、明治大学、法政大学、立教大学、上智大学、埼玉大学、文京学院大学、名古屋大学、東京外国語大学、東京学芸大学、ボストン大学、クラーク記念国際高等学校の学生が所属。

 

新規メンバー募集中。shibazonogakusei@yahoo.co.jpまでメールください。芝園団地の案内をします!

 

※津軽三味線とは?

三味線は、中国の弦楽器三弦が起源とされます。今回演奏される津軽三味線は、青森県西部である津軽地方で発展し、強く大きな音が出ることが特徴です。そのため、大迫力の演奏が楽しめます!

201802/15(木)

多文化交流クラブ「クイズの旅」を開催!

211日(日)に多文化交流クラブ「クイズの旅」を開催!日中住民約30名が混合チームを結成し、両国の文化などに関連したクイズバトルを繰り広げました。

 

クイズ内容を、日中住民が協力しないと解けないように工夫したお陰で、お互いの文化に関連する答えを教え合う中で、国籍に関係なく皆さんの絆が深まったと思います。

 

また、中国の春節では何を食べるか?クイズでは、あるグループ唯一の中国人の方が、南方出身であまり餃子を食べないため、三択クイズの答え「餃子」が分かりませんでした。

春節一つとっても、中国では多様な過ごし方をしていると分かって面白かったですし、多くの日本の方が中華まんを選んだのも印象的。そもそも、中華まんって日本だけの呼び名?笑

 

最後は集合写真を撮影し、イベント全体を通じて、文化、習慣や世代の異なる住民同士の一体感が高まったことを実感。今後も、住民同士が、顔の見える関係を築く場づくりに邁進します!

 

また、新規メンバー募集中です。大学生や高校生問わず学生の皆さん、一緒に日本の未来づくりをしませんか?

 

shibazonogakusei@yahoo.co.jpまでメールください。まずは、芝園団地の案内をします!

201801/25(木)

取材協力しました!

メンバーの留学生が取材に協力しました。芝園団地の中心にある「たまご広場」にいた中国人住民の方々に様々な質問しました。

 

今回、約10人にインタビューしましたが、皆さん、日本語が全くできない人は、本当に少ないと実感。また、中国人住民の方々は、職場以外に日本人の知り合いがほとんどいないと分かりました。

 

私たちの活動を通じて、日本人の知り合いが地域でもできるように頑張らないといけないと痛感。引き続き頑張ります!

 

また、新規メンバー募集中です。大学生や高校生問わず学生の皆さん、一緒に日本の未来づくりをしませんか?

 

shibazonogakusei@yahoo.co.jpまでメールください。まずは、芝園団地の案内をします!

201801/05(金)

多文化交流のイベントを開催しました!

12月17日(日)に、芝園団地の多文化交流を進める「お正月の遊び教室」を開催しました。

 

外国人住民の方から、“すごろくで日本各地の名物が分かって、とても楽しかった”、という感想が聞かれたり、大人が子どもたちにカルタの内容を日本語や中国語で教えたりすることで、老若男女・国籍を超えて笑顔の溢れる交流の場になりました。

 

後半は、次回活動の話し合い。様々な提案が出るわ出るわで決めきれず、最後は投票で決めることに!
次回は、2月11日(日)の建国記念日に「クイズ」をテーマにした交流イベントを開催予定です。皆さんのご参加をお待ちしています!

 

また、新規メンバー募集中です。大学生や高校生問わず学生の皆さん、一緒に日本の未来づくりをしませんか?

 

shibazonogakusei@yahoo.co.jpまでメールください。

まずは、芝園団地の案内をします!

201712/10(日)

多文化交流クラブを開催します!

今週の1217日(日)に、お正月の伝統的な遊びで住民交流を促す『お正月の遊び体験教室』を開催します。

前半は、お正月の遊びをしながら住民同士で親睦を深めつつ、後半は、1月の多文化交流イベントを話し合います。

 

芝園団地の方、そうでない方、年齢、国籍を問わず誰でも気軽に無料で参加できます。Gakuvoをご覧の方も、理想だけでない生の多文化共生を知る絶好の機会です。ぜひ、ご参加ください!

 

日時:1217日(日)14時~16

場所:芝園団地15号棟2階集会所1

内容:お正月の遊び体験教室、1月の多文化交流イベント話し合い

連絡先:shibazonogakusei@yahoo.co.jp

 

~~多文化交流QA~~

Q. なぜ、かるたやすごろくなの?

A. かるたは、日本の貝合わせとヨーロッパのカードゲームが組み合わさって、今の形になったという説があります。また、すごろくの起源は中国にあるという説もあります。

日本のお正月の伝統的な遊びは、実は様々な国々との文化交流の賜物です。その文化交流と同じく、芝園団地の多文化交流がますます進みますように、という願いを込めてこれらを選びました。

 

Q. どうやって交流するの?

前半は、大人から子どもへ、日本人や外国人同士でお正月の遊びを教え合って交流します。後半は、住民同士が、1月のイベント内容を話し合う過程で交流を深めていきます。

201711/24(金)

多文化交流イベントを開催しました!

11月19日(日)に、多文化交流「ものづくり教室」を開催しました!

 

老若男女・国籍問わず30名を超える方が参加して、折り紙のパンダ、中国のお祝い飾り「囍」の切り紙や読書の秋にピッタリの押し花しおりを作りました。上手に作品をつくる皆さんに、ただただ感心。

 

偶然、お隣同士の日本人住民と中国人住民の方がいて、「隣に住んでいる人と今日初めて会話した」と喜んでいたり、

日本人住民の方のパンダの折りが遅れた時に、中国人住民の方が「ここを折って…」とアドバイスしたり、イベントを通じて住民交流が進んで嬉しかったです。

 

次回は、12月17日(日)14時から多文化交流クラブを開催します。皆さん、一度来てみて下さい!特に、新規メンバー募集中です。一緒に日本の未来づくりをしませんか?shibazonogakusei@yahoo.co.jpまで連絡ください!

201711/18(土)

工作の秋!多文化交流ものづくり教室を開催します!

明日11/19(日)、日中住民の交流を促す『ものづくり教室』を開催します。芝園団地の方、そうでない方、年齢、国籍を問わず誰でも気軽に無料で参加できます!

 

新規メンバーも募集中ですので、学生の皆さんぜひ来てみて下さい。

生の多文化共生を知る絶好の機会です!

 

日時:1119日(日)14時~16

場所:芝園団地15号棟2階集会所4

内容:「折り紙・切り紙」「押し花」による日中交流ものづくり教室

201711/14(火)

高校生が初めてメンバーになりました!

先日の芝園かけはしプロジェクトの打ち合わせで、スペシャルゲストの高校生から川口市の多文化共生について発表してもらいました。確りとまとめられた内容や提言に驚くとともに、メンバーになってもらえて二重の驚きです!
大学生や高校生などの「学生」と一緒に、誰もが住みよい芝園団地にしていきます!

201711/13(月)

工作の秋!多文化交流ものづくり教室

来る11/19()、多文化交流クラブは「折り紙・切り紙」と「押し花」に親しみながら、日中住民の交流を促す『ものづくり教室』を開催します。

「折り紙・切り紙」と「押し花」の二つのゾーンに分かれて、やりたいものを選んで近所の皆さんと一緒に楽しく工作しましょう!

 

芝園団地の方、そうでない方、年齢、国籍を問わず誰でも気軽に無料で参加できます!

 

日時:1119日(日)14時~16

場所:芝園団地15号棟2階集会所4

内容:「折り紙・切り紙」「押し花」による日中交流ものづくり教室

 

~~多文化交流QA~~

Q. なぜ「折り紙・切り紙」と「押し花」なの?

A. 折り紙は日本独自の文化として発展し、剪紙と呼ばれる中国の切り紙は、世界無形文化遺産に登録されています。また、押し花も日本で古くから親しまれてきた文化です。これらの日中の文化に関連した工作を通じて相互理解を深めよう、と考えたからです。

 

Q. どうやって交流するの?

A. 後半の30分間は、住民同士で教え合う時間を設けます。日本人住民の高齢者が中国人住民の子どもたちに教えたり、中国人住民が日本人住民に教えたりすることで、住民同士の「顔の見える関係」を築くことを目的にしています。

1 / 212