第4回Gakuvo Style Fund活動報告

aste

201710/20(金)

志度寺さんでasteの手工芸品が購入できます!

10月13日金曜日からasteの手工芸品が四国霊場八十八ヶ所・第86番札所の志度寺さんに置いて頂けるようになりました!

チッタゴン丘陵地帯の先住民族の大多数は仏教徒なので、バングラデシュメンバーにお寺に手工芸品を置かせてもらえることになったよ!と、伝えるととても喜んでいました(^○^)
地元のお寺とバングラデシュが繋がってとても嬉しいです。
志度寺の皆さん本当にありがとうございます。

納経所に置いて下さっているので是非志度寺を訪れの際には、asteの手工芸品もみてみてくださいね。

201710/19(木)

asteの手工芸品

asteの手工芸品は、バングラデシュ・チッタゴン丘陵地帯で作られています。
ほとんどの手工芸品は、写真のようにパートナー団体の現地ローカルNGOモノゴールが経営している寄宿舎学校モノゴールでつくられています。

学校に村のお母さんたちがきて、一つ一つ丁寧に、ストールや民族衣装の巻きスカート「ピノン」を手織りしています。
ベテランさんはひとつのピノン(1.5m×3m)を集中したら5〜6時間ほどで仕上げるそうです!
すごい!

これらの、心のこもった手織りの布を日本やバングラデシュで加工して小物にしてます。

あたたかな、手づくり小物みなさんもぜひ手にとってみてくださいね!

201710/18(水)

かがわ国際フェスタ2017で物販&ワークショップを行いました

10月9日にあった、かがわ国際フェスタで物販とベンガル語で名前をかいてみよう!ワークショップを行いました!

物販では、今年の9月に現地事前調査でバングラデシュに行ったメンバーが村の女性やパートナー団体のNGOモノゴールが経営する寄宿舎学校で作られている織物を販売しました。
また、現地で撮った写真をポストカードにし新商品も出来上がりました!
たくさんの人がブースに立ち寄ってくれて関心を持ってくれました。

ワークショップのベンガル語で名前をかいてみよう!では、参加者の皆さんはベンガル語が最初は難しくて戸惑っている方も多かったですが、一文字ずつトライして
完成した時にはとても喜んでくれました🍀

201708/26(土)

高松青年会議所で講演!!

8月21日にお世話になっている高松青年会議所さんのオープン委員会でバングラデシュの水問題についてお話させていただきました。
高松青年会議所の皆様お忙しい中機会を設けてくださりありがとうございました!
私は「水」は専門ではないのでプレゼンを作成している際に、新しいバングラデシュの一面があったり、砒素被害の現状を学んだりと、自分にとっても勉強になるテーマでした。
今週末から久しぶりのバングラデシュなので、水についてももっと現地調査してみたいなと改めて考えさせられました。

201708/14(月)

いつものaste その①

わたしたちasteのメインの活動は教育支援とフェアトレード事業です。
今回はGakuboでの助成金プロジェクトとも関連している教育支援について紹介します!

私たちは、バングラデシュの先住民族の中でも社会的に弱い立場にあるクミ民族やムロ民族の子どもを中心とした教育支援を行っています。
今年度からは先住民族の子どもが母国語で学ぶことのできる環境づくりを整えるため
寄宿舎建設を考えています。
この8月、9月に代表がまず視察に訪れ現地調査をした後に現地NGOやバングラデシュの先住民族の大学生と一緒に今後の調整を行います。

「主役は現地」を合言葉に、先住民族の子どもたちにとってどのようなサポートをすれば一番良いのかをみんなで考えてきたいと思います!

 

もっと詳しい情報を知りたい方は

asteのHPはこちらから!!!

http://aste.astebangla.net/

 

asteのFacebookはからこちら!!!

https://www.facebook.com/aste2016/

 

 

 

201707/30(日)

aste活動紹介

asteはバングラデシュのチッタゴン丘陵地帯の先住民族の中でも特にマイノリティの立場にある人々に焦点を当てた活動をしています。社会的に困難な立場にある人々の可能性を最大限に活かすことのできる社会を、「笑顔の種まき・芽生える未来」のキャッチフレーズのもとに共に創っていきます。教育支援では、奨学金付与や学習寄宿舎の建設をし、フェアトレード事業として民族衣装を手工芸品に加工し販売しています。

4 / 41234