第4回Gakuvo Style Fund活動報告

特定非営利活動法人伊能社中(福知山)

201710/03(火)

高校生たちが、日本地理学会で発表してきました!

三重県で行われた日本地理学会のポスターセッションにおいて、

福知山成美高校2年生の代表2人が発表しました。

これまで1年間をかけて行ってきた活動を発表し、ほかの高校生や一般の方々と意見交換をしました。

意見交換や学会での発表は、生徒たちにとって初めての経験だったと思います。

意見交換したことをもとに、成果物をより良いものにして欲しいです。

貴重な経験をこれからに生かして欲しいと思います。

201710/01(日)

1、2年生合同ワークショップ

昨年9月から、福知山成美高校2年生が取り組んできた、福知山を好きになるための活動のプロトタイプ成果報告会を行いました。

2年生は4班に分かれて、それぞれテーマを考え、プロトタイプを作成してきました。

 

1.明智光秀班

御霊神社に祀られているほど、福知山にゆかりがある明智光秀。

しかし、明智光秀のことを学校では、ほとんど習いません。

明智光秀のイメージアップを図ることで、福知山のイメージアップを図ることに繋がるという想いから、自作の演劇を作りました。

2.公園班

福知山は、出生率が高く、子育てしやすいまちです。

地域住民にヒアリングをする中で、「こどもを安全な場所で遊ばせたい」という声がありました。

公園の場所・遊具や、周辺の安全情報を取り入れた地図を作りました。

3.情報班

福知山市に観光客を増やすことを目的とし、魅力ある景色や景観を写真に収めました。

地元の方はもちろん、誰もが閲覧できるよう、Googleマイマップに集約しました。

4.スイーツマップ班

高校生は、福知山に住んでいながら、おいしいお店やカフェなどがあることを知りませんでした。

そこで、実際に訪れ、食べて、インタビューを行いました。

高校生ならでは目線でHPやスイーツマップを作りました。

 

プロトタイプを作成した2年生は、1年生に伝えるために、動画や紙芝居などで工夫をし、活動してきたことを1年生に継続してもらいたいと意気込んでいました。

これからも成美高校の皆さんに福知山のことを好きになる活動を続けてほしいと思います。

201707/30(日)

団体紹介

電子地図をベースに画像・動画などのコンテンツを組み合わせ、想像力をかきたてる新しい学習スタイルを提唱。電子地図の技術が使われている地理情報システム及び教育の情報化を推進し、ICT活用を支援する組織として、学生が中心となり2011年設立。