第4回Gakuvo Style Fund活動報告

東海大学健康科学部社会福祉学科学習支援ボランティアサポートチーム

201803/20(火)

合同ミーティング開催

3月19日
本日は東海大学伊勢原キャンパスにて、東海大学伊勢原キャンパスで活動する学生ボランティアたちと一緒にミーティングを行いました。
ミーティングでは東海大学伊勢原キャンパスのボランティアセンターの発展について話し合い、また、自分たちの活動をどう広げていくのかについて、さまざまな意見が飛び交い充実した時間になりました。
ミーティングでは普段なかなか作ることができない話し合いの場を作ることができ、改めて活動の振り返りの時間を持つことの意義とその大切さを学びました。
今回の話し合いでは、私たちの取り組みについてチラシ等をつくり、それを通して活動の様子を発信できるのではないかと思っています!
今後の活動が楽しみです!

201711/10(金)

活動報告〜漢字に触れる

今日の活動では、外国につながりのある子どもと一緒に漢字を学びました。

漢字を書きながら、書き順や漢字の意味についても一緒に学習をしました。また、学習した漢字を組み合わせて、熟語にし、書きだけではなく読みの学習にも取り組みました。

今回は小学1年生の漢字でしたが、徐々に学年を上げていき、漢字に触れる機会を増やしていきたいと思っています。

201711/09(木)

Gakuvo協力金を使って…

今日の活動では、Gakuvo協力金を活用して購入した小学校の教科書とマーカーペンを使って、外国につながりのある子どもたちと学習に取り組みました。

参考書や学習プリントではなく、普段使っている、使っていた教科書を使うことで、子どもたちにとって、学習に入りやすかったのではないかと感じました。

今後も協力金を活用して、子どもたちにとって学習に取り組みやすい環境づくり、居場所づくりに取り組んでいきたいと思っています。

201708/24(木)

夏休み宿題教室 開催

今日は鶴巻公民館にて、夏プロ(夏休み宿題プロジェクト)の一環として、夏休み宿題教室を開催しました。
子どもたちは、学生ボランティアや「ゆう」のメンバーと楽しく夏休みの宿題(作文や算数・漢字のプリント)に取り組んでいました。
勉強の合間にもトランプやボードゲームをして遊び、暑さも吹き飛んでしまいそうな、子どもたちの笑顔と笑い声でいっぱいの活動になりました!

201707/30(日)

活動紹介

私たちは、外国につながりのある子どもの支援を行っている「はだの子ども支援プロジェクト『ゆう』」という団体と連携し、秦野市の外国につながりをもつ子どもの学習支援のサポートを通し、多文化共生ソーシャルワークを目指した活動を行っています。

また、社会福祉の視点と経験を活かし、子どもたちにとっての居場所や学習の場を寄り添いながら作っていくサポートも行っています。