第5回Gakuvo Style Fund活動報告

「Do for Smile@東日本」プロジェクト明学・大槌町吉里吉里復興支援プログラム

テーマ・コンセプト
吉里吉里マップを子どもからお年寄りまで地域の方々と作ることで、共に地域の魅力とは何かを考える。
普段の活動
現地で見聞きすることで学んだ震災や津波、防災について、また地域の魅力を多くの人に伝えるため、防災イベントや学園祭にも参加している。現地では地域行事のお手伝いや、小中学生を対象とした活動を行なっている。

第2回 現地活動

ご報告が遅くなり申し訳ございません。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

3月24日に三陸鉄道開通に伴い、吉里吉里浪板マップを現地へ設置に行ってまいりました。

三陸鉄道リアス線に釜石駅から乗り、吉里吉里まで行く中で、各駅の活気にとても胸が熱くなる思いでした。今まで活動してきた町で列車と踏切の音が聞こえることの新鮮さに驚きながらも、普段気づかない当たり前の日常を私たちは見落としているのかもしれないと改めて考える機会となりました。

 

色々な想いを持って町へ足を運ぶ方々の記憶に温かく寄り添えますよう願いを込めて吉里吉里浪板マップを設置してきました。ぜひ多くの方にご覧いただきたいです。

 

また、本活動においても様々な方々のご協力をいただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。

今後ともよろしくお願いします。

 

【配置場所】

・三陸鉄道釜石駅

・三陸鉄道大槌駅

・吉里吉里公民館

・浪板交流促進センター

・大槌町文化交流センター「おしゃっち」

・三陸花ホテルはまぎく

ほか

 

[UPDATE] 2019/04/29

発送が完了しました。

久しぶりのご報告となってしまい、大変申し訳ございません。

 

先日発注した吉里吉里マップが届き、発送作業を行いました。

届いた時に、箱を開けた瞬間が一番緊張する時となりましたが、

完成したものを手にしたときの喜びは言葉に表せないようなものでした。

 

本日、3月19日(火)にマップを置いていただく各方面に発送が完了しました。

マップの置いてある場所につきましては、また追って報告させていただきたいと思います。

 

まず、きちんと完成して、発送まで終えられたことで1つの区切りになるのではないかと

思います。

[UPDATE] 2019/03/19

入稿いたしました

更新が空いてしまい、申し訳ありません。

本日のミーティングでは完成版の原本を作り、印刷業者に入稿をいたしました。

完成されたものは、来週届く予定となっております。

 

私たちが地域の皆さんとの関係性を築く中で感じてきた、吉里吉里地区・浪板地区の良さを何か形にして多くの人に伝えたいという想いからはじまった本企画。前例のないことへの挑戦は決して楽な道のりではありませんでした。しかし、地域の皆さんをはじめとして多くの方のご指導を賜りながら、メンバーで力を合わせ、原本を作り上げることができました。

 

完成したものを多くの方に手にとっていただき、利用してもらえる日を待ち遠しく思いますね。

完成まで気を抜かず、より良いものをお届けできるよう頑張ります。

[UPDATE] 2019/02/28

第七回&第八回ミーティング

2019年1月11日に行われた第7回目のミーティングと、本日1月27日に行われた第8回ミーティングの報告をまとめてさせて頂きます。

第7回目のミーティングでは、12月15日~16日に行われた現地活動の振り返りを行い、マップの内容などを検討しました。活動に行く前は、自分たちが思う吉里吉里・浪板地区の良さという視点で情報の選択をしていましたが、現地に赴き地域の皆さんの思いを直接聞いたり、実際に町を歩いて回ったことで、マップに入れ込みたいと思うことはずいぶん変わったように思います。

また本日のミーティングでは、それぞれがまとめてきた情報を、仮地図に落とし込む作業を行いました。頭で思い描いていたものが、こうして目に見える形なっていくことはやはり嬉しいですね。作成にかける時間とマップの中に入れられる容量は限られてはいますが、その中で納得のいくものを完成できるよう頑張ります。

 

次回のミーティングでは、試作の完成を目指します!その後に仮印刷を依頼し、構成や内容の調整を行う予定です。

[UPDATE] 2019/01/27

第一回 現地活動

しばらく、更新できていない状態で大変申し訳ございませんでした。

昨年の12月15日(土)から16日(日)にかけて、マップ製作の為に実際に岩手県大槌町吉里吉里

地区を訪問し、マップの製作に必要な情報を集めたり、作る場所に実際に行きメンバーの中でイメージを共有できるようにしました。

そこでは、現地の方々と現在の吉里吉里地区について確認したり、実際に町歩きをして事実の確認を進めて行きました。

私たちは、何度もこの地域で活動を行ってまいりましたが、「気を配らないとわからない発見」をたくさん発見することができました。また、毎度感じていることとして地域の方の温かさが挙げられます。今回の活動でもたくさんの方々のご協力をいただき現地活動を終えることができました。

協力してくださった皆様のためにも、より良いマップを作っていけるように頑張っていきたいと思います。

 

なお、詳しい行程や現地活動を行ったメンバーの「生の声」はこちら(外部サイト)でご確認いただけます。この場で伝えきれなかったことも、より詳しく説明されておりますので是非ご覧ください。

 

[UPDATE] 2019/01/27

第二回 現地活動事前ミーティング

2018年12月7日、出発前の最終のミーティングを行いました。

このミーティングでは、実際に地域の方々とどんな企画でお話を進めるのか、

どのようにしたら話が進めやすくなるのかを吟味していきました。

そのほか、行程表を見ながら少し修正をかけたり、現地活動で必要な交渉の

最終確認をしたりしました。

 

いよいよ現地活動となりますが、今回の活動はいつも以上にたくさんの方々の

力をお借りして成り立っている活動になります。

少しでも、良い地図を作って協力してくださる皆様に還元できるよう頑張っていきます。

 

長らくミーティング活動の様子をお届けしてしまいましたが、

現地活動にいよいよ行ってきます!!

[UPDATE] 2018/12/08

第一回 現地活動事前ミーティング

2018年11月30日、現地活動のための1回目のミーティングを行いました。

現地活動では何をするか、というような行程や現地での役割を決定しました。

 

現在、現地活動のための地域の方々との交渉も少しづつ進んでいます。

実際にその場所を歩いてみて、長年吉里吉里にかかわってきた私たちでも気づくことの

できなかったような吉里吉里の良さや温かさを認識し、マップに反映できればと思います。

 

あと、もう一度事前ミーティングを行ったのちに、いよいよ現地活動を行なっていきます。

[UPDATE] 2018/12/02

第六回ミーティング

2018年11月16日、第6回目のミーティングを行いました。

しばらくミーティングが続いてしまっていますが、着々と進んでいますので、ご報告

させていただきます。

前回のミーティングでは地域に関する情報をまとめ、マップに載せるもの、そうでないもの

を確認しました。

今回のミーティングでは、実際に白地図を用意しそのスポットがどこにあるのか位置関係を

書き込んでいきました。普段見慣れた地域でも地図となると位置関係の把握が難しいので

実際の地形図や地図アプリも参考にしました。

また、地図の大きさや形についても議論が始まり、少しづつ形になってくることで

メンバーの士気も上がってきているように思います。

 

次回からはしばらく現地に行くメンバーで現地探査の詳細を行う事前ミーティングの後、

実際に現地に赴くこととなります。

[UPDATE] 2018/11/16

第五回ミーティング

2018年11月6日、第5回目のミーティングを行いました。

前回マップの内容を検討した際、地域に関する情報や知識の足りなさを感じたため、本日のミーティングは、メンバーがそれぞれ調べてきた項目の共有から行いました。

これまで何回も訪れ、地域の皆様と活動を築いてきた地の事ではありますが、改めて知ることが多く、知れば知るほど好きになるなと感じました。

 

また、これまでは議論を交わすことが多く、「見える」形で準備を進めることが少なかったように思えました。そのため、次回のミーティングでは白地図を用意し、項目を落とし込む段階へと進む予定です。

少しずつではありますが、多くの方に手に取ってもらい、自分たちだからこそ伝えられるマップが作れるよう頑張ります。

 

[UPDATE] 2018/11/06

第四回ミーティング

2018年10月28日、白金校舎にて第4回目のミーティングを行いました。

2012年に作成されたマップを参考にしながら建物等の変化を挙げ、町の現状を確認しました。

また、私達が考える吉里吉里地区および浪板地区の「魅力」を共有し、手書きの白地図に描いてみました。今後はマップに入れ込む事項を詳しく調べ、構成を考えていきます。

長い時間頭を悩ませ、そして話し合いを重ねることは、時に気力と体力が必要となりますが、こうして少しずつ形になっていくとやはり嬉しいものです。現地活動に向けて、引き続き準備を進めてまいりたいと思います。

[UPDATE] 2018/10/28
1 / 212