第5回Gakuvo Style Fund活動報告

CUBEプロジェクト

テーマ・コンセプト
SDGsに沿った活動をする最先端をゆく実践者・研究者による、地方の若者のためのオンラインサロン展開
普段の活動
大学内でのSDGs普及活動、SDGs17個のゴールに対してそれぞれの分野で活躍する学生・実践者による講演活動の斡旋

【CUBE】Sustainable Weekと協同での企画を開催!さらに賞を受賞!

2019年2月17日に当団体の一つの事業、SDGsキャラバンをともに行う立命館大学 Sustainable Week 実行委員会とともに滋賀SDGs交流会を開催しました。

 

今回のイベントでは滋賀でSDGsに取り組む、または関心のある方に所属を問わず、参加していただきました。また、SDGsの取り組みについて発表する「SDGsキャラバン」や、ディスカッションを行いました。今回こちらの企画は、たねやグループのラコリーナ近江八幡の一室をお借りし、イベントを実施しました。

 

 

 

今回の活動を経て、実際にオンラインで会議に参加された方にも参加していただくことができました。

 

また、このようなアイデアを実行するにあたって、一般財団法人 学生サポートセンターが主催する学生ビジネスプランコンテストにて本アイデアが努力賞を受賞しました。

 

 

[UPDATE] 2019/03/07

【CUBE】第六回仮想地球市民会議を開催しました!

2019年2月21日に当団体のオンラインサロン「第二回仮想地球市民会議」を実施しました!

 

最後の第六回は「利益の創造と社会への貢献を同時に実現する文化を創る」をテーマにした講演でした!

 

起業時のリクルート戦略やグルメアプリとしての付与価値の付け方、またシステムをどのように発注していたのかなど、女性が活躍する生の声を伺うことができました!

 

■:SDGsとは
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際目標です。2017年より日本としても本格的な取組が開始し、大学や企業、行政単位でも参画が進んでいる現状があります。しかしながら、取り組む人材の不足や、理解不足によるSDGsウォッシュ(見せかけのSDGs)なども発生している現状があります。

■:登壇者紹介
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
株式会社テーブルクロス 代表取締役 城宝薫 氏
https://tablecross.com/

途上国で見た子どもの貧困と、飲食店の広告費の課題を同時に解決する「テーブルクロス」の仕組みを考案。投資家などから1億の資金調達を行い、大学3年生時に起業。EY主催WWN2018受賞。EO GSEAグローバルコンテスト日本代表、キャンパスベンチャーグランプリりそな銀行賞受賞。企業・経済団体・大学・NPOなどでの講演多数。1993年生まれ。2015年立教大学経済学部卒業。

 

■:講演内容
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
2016年からSDGsが言われていますが、社会課題の解決をボランティアや寄付ではなく利益を生み出しながら継続する仕組み作りをすることは難しいと言われています。テーブルクロスはどのように立ち上げ、どのような仕組み作りをしているのか実際の例も用いつつ、今後の未来の参考になるお話をさせていただきます。

 

 

[UPDATE] 2019/03/04

【CUBE】第五回仮想地球市民会議を2019年1月10日に開催します!

2019年1月10日に当団体のオンラインサロン「第五回仮想地球市民会議」を一般公開で実施します!

 

本活動にご賛同いただける方は、Campfireにてファンクラブのご支援をお待ちしております!
https://camp-fire.jp/projects/view/93501

 

【参加方法】
お申込みは以下のリンクから行えます。
URL:https://goo.gl/forms/FTmg9iLiQCaimiJQ2
なお本会議はオンライン開催で行います。事前にZOOMのインストールをよろしくお願いいたします。
URL:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
【参加費用】
1月の開催は公開方式で無料で実施します。もし、ご支援いただけるようでしたら、以下のリンクよりご支援のほど、よろしくお願いいたします。https://camp-fire.jp/projects/view/93501
【募集人数】
40名(先着)※締切 2019年1月5日17時まで

【登壇者紹介】
薄井 大地 氏
栃木県宇都宮市出身、早稲田大学政治経済学部卒業。大学在学中の2009年、日本の学生・社会人をバングラデシュへ派遣するフィールドワークプログラムを友人らと創始。2011年、ソーシャルビジネスコンペ「SIFE Japan」優勝。民間教育企業を経て、開発途上国で教育支援を行う特例認定NPO法人e-Educationの事務局長に就任(現理事)。2018年、松下政経塾入塾。
【発表内容】
「課題解決オタク」によるかなり偏ったキャリア論
これまで行政が担ってきた役割を、企業やNPO を始めとした民間が効率的かつ経済合理性も生み出しながら支える事例が増えてきている。社会起業家ブームやSDGs の広まりに表れる「政治依存からの脱却」の潮流と、それに連動して「経営」や「仕事」がどのように変化していくかを考えていく。
【協力】
松下政経塾 URL:https://www.mskj.or.jp/

 

[UPDATE] 2018/12/14

【CUBE】第四回仮想地球市民会議を12/20に開催します!

2018年12月20日に当団体のオンラインサロン「第四回仮想地球市民会議」を実施します!

 

第四回は「主体的に生きる」人から生まれるパートナーシップをテーマにした講演です。シンプルながらも、奥が深い「主体的とはなにか」というところに触れていきます。

 

本活動にご賛同いただける方は、Campfireにてファンクラブのご支援をお待ちしております!
https://camp-fire.jp/projects/view/93501

 

【登壇者紹介】

髙島 崚輔 氏

特定非営利活動法人 グローバルな学びのコミュニティ・留学フェローシップ 理事長/ハーバード大学3年

主体性とは何か,考える毎日。
留学フェローシップで目指すのは,主体的な学び・主体的な進路選択。特に海外進学を支援しつつ,公教育のカリキュラム開発に携わる。大学ではエネルギー工学を専攻し,市民主体的なインフラづくりを考える。孫正義育英財団の支援を受けて世界の自然エネルギーの現場を視察中。

 

【発表内容】

「主体的に生きる」ってなんだろう。「自分勝手に生きる」でもないし,「周りに合わせる」でもない。
仲間との協働には,ひとりひとりが主語を自分にして学び行動することが必要だと思います。ハーバードで学び,留フェロで実践している「グローカルなパートナーシップ」の今を語ります。

 

【主催】
立命館大学 CUBE プロジェクト

 

【お問い合わせ】
件名を「仮想地球市民会議 問い合わせ」にして下記メールアドレス(▲を@に変えてください)にご連絡いただくか、アクティビティへのコメントにお願いします!
r-cube▲edge-sprout.com

[UPDATE] 2018/11/18

【CUBE】第三回仮想地球市民会議を11/15に開催します!

2018年11月15日に当団体のオンラインサロン「第三回仮想地球市民会議」を実施します!

 

第三回は「SDGsから考える琵琶湖の暮らしと街づくり」をテーマにした講演です。

 

本活動にご賛同いただける方は、Campfireにてファンクラブのご支援をお待ちしております!
https://camp-fire.jp/projects/view/93501

 

【登壇者紹介】

駒井健也 氏

漁業研修生、フィッシャーアーキテクト

1992年滋賀県生まれ。滋賀県立守山高校卒業後、滋賀県立大学の環境建築デザイン学科を専攻。現代の地球環境、社会問題などを治癒する建築を実現するための実践的設計方法論を研究する芦澤竜一研究室に所属し、学部、大学院を共に学生表彰を経て卒業後、就職せずに琵琶湖の漁師に弟子入り。現在は和邇漁港での琵琶湖独特の漁法?漁の修行と県内の工務店、魚屋、料理人のもとでパラレルに修行し、琵琶湖漁師の道を基軸に琵琶湖での持続的な暮らし実現に向けての実験中。漁師としての独立は2020年12月から。

 

【発表内容】

今の時代はいつ生きるかは選べないけれども何処で生きるかは自分の意志で選ぶことができます。今回はSDGsゴール14「持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する」を参照としながら日本一の湖大きさを誇る琵琶湖をフィールドとした漁業から、水系を辿って繋がるゴール12、15へ自然資本を用いた持続的な街づくりに向けて琵琶湖の漁師独立を目指す過程を通じて考えていきたいと思います。

 

【主催】
立命館大学 CUBE プロジェクト

 

【お問い合わせ】
件名を「仮想地球市民会議 問い合わせ」にして下記メールアドレス(▲を@に変えてください)にご連絡いただくか、アクティビティへのコメントにお願いします!
r-cube▲edge-sprout.com

[UPDATE] 2018/11/05

【CUBE】第二回仮想地球市民会議を開催しました!

2018年10月18日に当団体のオンラインサロン「第二回仮想地球市民会議」を実施しました!

 

第二回はSDGsから考える未来の生き方をテーマにした講演です。

 

本活動にご賛同いただける方は、Campfireにてファンクラブのご支援をお待ちしております!
https://camp-fire.jp/projects/view/93501

 

【登壇者紹介】

森 雅貴氏
1995年滋賀県生まれ。滋賀県立米原高校卒業後、サセックス大学(イギリス)に進学し国際開発学を専攻。在学中に、「人がよく生きる」ための社会基盤づくりをテーマに、休学しアフリカでのインターンや北欧での研究に従事。卒業後は「すでにある未来を実現する」をミッションにソーシャルイノベーションのプラットフォームづくりを行うNPO法人ミラツクに研究員として参画。社会課題を基盤とした創造的なプラットフォーム構築プロジェクトの運営に携わる他、インタビュー、フィールドワークなどエスノグラフィーのリサーチ手法を用い、イノベーションプラットフォーム構築のための調査、分析、コンセプト設計に取り組む。

 

【主催】
立命館大学 CUBE プロジェクト

 

【お問い合わせ】
件名を「仮想地球市民会議 問い合わせ」にして下記メールアドレス(▲を@に変えてください)にご連絡いただくか、アクティビティへのコメントにお願いします!
r-cube▲edge-sprout.com

[UPDATE] 2018/11/05

【CUBE】第一回仮想地球市民会議を開催しました!

2018年9月20日に当団体ははじめてのオンラインサロン「第一回仮想地球市民会議」を実施しました!

 

第一回は、関西でSDGsをイノベーションを組み合わせた活動を展開されておられる上田さまによるご講演です。

9月の講演は無料で皆様に公開しております。詳しくは、下記URLの第一回仮想地球市民会議の様子を御覧ください。

 

本活動にご賛同いただける方は、Campfireにてファンクラブのご支援をお待ちしております!
https://camp-fire.jp/projects/view/93501

 

 

【登壇者紹介】

上田隼也 氏
熊本県益城町出身。熊本高校卒業後、立命館大学生命科学部に進学。日本初の学生主催によるSDGs 体験型イベント「Sustainable Week」の立ち上げ中心メンバー。現在立命館大学EDGE+R プログラム学生アシスタントとして従事しながら、イノベーション教育を行っている。立命館大学Sustainable Week 実行委員会 ファウンダー・アドバイザー。

【主催】
立命館大学 CUBE プロジェクト

【お問い合わせ】
件名を「仮想地球市民会議 問い合わせ」にして下記メールアドレス(▲を@に変えてください)にご連絡いただくか、アクティビティへのコメントにお願いします!
r-cube▲edge-sprout.com

[UPDATE] 2018/09/22

【CUBE】オンラインサロンを開設しました!

こんにちは。CUBEプロジェクト代表の戸簾です。

 

本日付で、私達が開催すると宣言しておりましたオンラインサロンを開始いたします!中学生、高校生、大学生の方々大歓迎、もちろん社会人の方も大歓迎です!

 

こちらのサロンでは、日本全国・世界各国でSDGs(持続可能な開発目標)に向けた活動に関心のある若者が集うコミュニティサロンとなっています。毎月 第3木曜日の20:00から90分間のオンライン交流会をZOOMというツールを用いて実施します。詳細は以下を御覧ください。

 

仮想地球市民会議 ~若者がSDGsで繋がり、挑み、未来に生きる~ – クラウドファンディングCAMPFIRE

 

https://camp-fire.jp/projects/view/93501

 

様々な方々の参加をお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします!

[UPDATE] 2018/09/11

【CUBE】実際にオンラインで配信デモを実施!

こんにちは。CUBEプロジェクト代表の戸簾です。

 

本日、Yuruvoの助成金で購入させていただきましたオンライン動画配信用カメラとスタンドが到着したため、実際にオンラインサロンの配信デモを実施しました。

 

オンラインサロンの配信デモでは合計6名の方に参加をいただき、実際のアプリケーションの利用・インストール方法の確認や、一般利用者目線での注意点などの確認を行いました。

 

今回のこちらのプロジェクトではZOOMというツールを利用した上で参加をしてもらうようにする予定です。ZOOMに関しては「ZOOM 使い方」などと調べていただけると非常に沢山のサイトで解説されているほどの有名な会議ツールです。興味のある方はぜひとも調べてみてください。

 

現在用意しているこの企画ですが、9月中のローンチをするために誠意準備中です!お楽しみに!

[UPDATE] 2018/09/04

【CUBE】オンラインサロン展開の準備中です!

こんにちは。CUBEプロジェクト代表の戸簾です。

 

私達の団体は地方に住む若者に中心に発生している「土地的な制約のもと生じる格差」を埋めるために活動をしている団体です。

 

只今、とあるサイトにて当団体が開設予定のサロンである「仮想地球市民会議」の準備を行っております。こちらのサロンでは参加者の方々が自由に「議論」や「思考」「学習」できる機会を提供し、新たな情報や価値を知ってもらえるものです。

 

只今コンテンツや、登壇者、プロモーションなどをチーム一丸となって用意している段階です!

開設後にはGakuvoのページでも紹介させていただきます!

[UPDATE] 2018/08/28
1 / 212