令和元年
災害ボランティア
活動レポート

2019年8月27~28日の九州北部での記録的大雨により、佐賀県・福岡県・長崎県で大規模な冠水・浸水被害が発生しました。また、9月から10月にかけての、台風15号、19号の上陸に加え、10月下旬には台風によって被災した地域を、再び記録的な大雨が襲いました。2019年はまさに「災害列島」という呼称が浮き彫りになった年となってしまいました。

日本財団学生ボランティアセンターでは、東日本大震災の災害復興支援より継続して関わりがあり、今回再び甚大な被害を受けた福島県いわき市に加え、ニーズがある地域に学生ボランティアを派遣すべく、発災直後より日本財団をはじめとした関係団体と連携し、情報収集や現地調査を行い、学生ボランティアを被災地に派遣しました。

被害データ

死者
104
行方不明者
3
負傷者
533

住家被害(全国)
  • 全壊3,717
  • 半壊34,442
  • 一部破損105,517
  • 床上浸水8,868
  • 床下浸水27,949

※2020年2月12日現在(出典:内閣府)

活動データ

総参加者数
1,475
総参加大学
82大学
総派遣回数
87
公募
  • 参加者数776
  • 派遣回数34
大学連携
  • 参加者数699
  • 派遣回数53

※延べ人数

激甚化・長期化した2019年の災害

2019年の日本での災害は、予想以上の広範囲かつ短期間、加えて都道府県をまたいで発生した災害だったため、これまでのような、一点集中型のボランティア派遣では、人手も時間も圧倒的に足りないことは、誰の目にも明らかでした。

「より多くの学生を、より多くの地域へ、より早く」

結果、様々な地域の大学や団体と協力し、宮城県から長野県まで、複数の場所で、様々な形態でのボランティア活動を実施しました。

ボランティア活動レポート

特集~スペシャルインタビュー~

THE NIPPON FOUNDATION