令和元年
災害ボランティア
活動レポート

活動レポートactivity report

常陸太田、常陸大宮で活動した仲間達とお世話になった方々へ

茨城

台風19号により大きな被害を受けた茨城県。大学の近くで大きな被害があった茨城大学は、災害発生直後から学生に向けてボランティア説明会を開くなど、県内の支援をするために動き出していた。

Gakuvoも茨城県内で活動の支援ができないかと考えていたところだったため、Gakuvo側から茨城大学にアプローチ、連携して災害と対峙するために即座に協定締結に至った。

  • 大学連携
  • 茨城県常陸太田市
  • 茨城県常陸大宮市
  • 茨城大学
  • 未協定校からの連携

※「大学連携」…Gakuvoと大学で協定を締結し、平時よりボランティアに関する連携プログラムを展開している。

連携した大学のご関係者

今回の活動に至ったきっかけと、実際に活動をするまでの流れを教えてください。

東日本大震災を除いて身近でこうした大災害を目の当たりにしたことがなかったこともあって、何かボランティア活動をしたいと考えました。折しも茨城大学の学生有志ボランティアのためにバスをチャーターすることになり、その引率者として学生と一緒に現地へ赴き一緒に復旧活動に携わりました。

(茨城大学 財務部契約課)

実際の活動の様子はいかがでしたか?

複数回活動を行いましたが、1軒目に手伝いをさせていただいたお宅にはボランティアが集まりすぎていまして依頼者も指示出しをするのに苦労されていたのが見て取れましたので、「ゆっくりやりましょう」と「〇〇やってよろしいでしょうか」という声かけを行うように心がけました。我々含め非常にやる気に満ち溢れたメンバーが集まっていた印象があります。

(茨城大学 財務部契約課)

活動を通じて、学生がどのように変化をしていたか、気付いたこと・感じたことをご記入ください。

活動開始直後は指示待ちで手持無沙汰になりがちでしたが、後半は時間制限のある中で最大限に依頼者宅の助けになるように精力的に自ら考えて動いてくれるようになった感があります。

(茨城大学 財務部契約課)

特に印象に残った現地の状況・現地の方々の様子などはありますか?

罹災して家財を失われたショックがある中でボランティアに対する心遣いをしてくださいました。1日ではきれいにして差し上げられなかったものの支援を喜んでくださいました。

(茨城大学 財務部契約課)

活動写真

THE NIPPON FOUNDATION