1. HOME
  2. 学生ボランティア派遣
  3. ボランティア活動レポート
  4. 令和元年台風19号ボランティア(福島県南相馬)

学生ボランティア派遣

202001/24(Fri)
[災害支援] ボランティア活動レポート

令和元年台風19号ボランティア(福島県南相馬)

Gakuvoとの協定校である聖心女子大学から、福島県南相馬市へ災害支援ボランティアを派遣しました。

聖心女子大学は、台風19 号および大雨等の災害にあった南相馬その他の地域において、学生および教職員が災害ボランティア活動を行っています。

カリタス南相馬に調整いただきボランティア活動を行いました。

期間:2019年12 月14 日(土)~15 日(日)

場所:宮城県角田市、丸森町、福島県浪江町

活動内容:(角田市)被災された個人のお宅の清掃、(丸森町)台風被害現場の視察、(浪江町)東日本大震災被災現場の視察

参加者数:学生2 名

12 月14 日 昼 東京発、夕 南相馬着

12 月15 日 活動地に移動、ボランティア活動、被災現場の視察、夕 南相馬発、夜 東京着

活動報告:
1 日目は東京~福島県南相馬の移動日としました。往路はあえて常磐線を利用し、利用不能区間で代行バスに乗り換え、東日本大震災がおよぼした影響を理解しました。

2 日目は台風19 号で床下浸水被害にあった個人のお宅の倉庫清掃を行いました。被災された方から台風当日の状況なども伺いました。活動の後は東日本大震災により帰宅困難区域と指定されている地域などを視察しました。

被災直後の支援は重量のある物の撤去など、力を発揮するのは男性である、と痛感し、女性ならではの支援として、被災された方やボランティア活動を行っている方のサポートの意義を感じました。

地震、津波、原発事故、台風という様々な被害に遭っている東北の状況を、伝える大切さ、関心を持ってもらうことの大切さも痛感しました。

一覧に戻る

PAGETOP