1. HOME
  2. 大学との協働プログラム
  3. プログラムレポート
  4. 熊本学園大学7月豪雨ボラ報告(8月)

大学との協働プログラム

202011/13(Fri)
[災害支援] プログラムレポート

熊本学園大学7月豪雨ボラ報告(8月)

8月9日(日)八代市坂本町藤本地区での活動

作業内容

家財の搬出

活動報告

八代市のボラセンを通しての活動で、坂本町藤本地区のお宅で活動。

家財等は搬出されており、床下の泥出しを行った。

豪雨から1月経っていたが場所によっては床下の泥は乾いておらず、泥水を掬い上げるような作業や床下に潜っての泥出しをした。

1日では完了することが出来なかったものの住民さんからは「多くの学生が来てくれたことで励みになりました」と感謝の言葉をいただきました。

 

8月30日(日)八代市坂本町下片岩地区での活動

作業内容

敷地内の泥出し

活動報告

今回の活動場所は坂本町の下片岩地区の住宅での活動。

ボランティアが入るのは初めてということだったが、親せきや友達の協力のもと床下の泥出しはほとんど終えられていた。

そのため、数センチ泥が積もっていた敷地内の泥出しを行った。

泥出し班とその泥を入れた土嚢袋を集積所に運ぶ班に分け活動し、一日で敷地内の泥出しは完了。

泥を被っていたコンクリートが見えると喜ばれ、活動後には住民さんから記念写真を撮りたいとのことで集合写真を撮影。

帰りは姿が見えなくなるまで手を振って見送ってくださった。

 

 

引率 原田 素良

一覧に戻る

PAGETOP