1. HOME
  2. 大学との協働プログラム
  3. プログラムレポート
  4. 聖心女子大学「Ecoマスクプロジェクト」 第1回活動報告

大学との協働プログラム

202011/17(Tue)
プログラムレポート

聖心女子大学「Ecoマスクプロジェクト」 第1回活動報告

聖心女子大学は、日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)と共催し、8月より福島県南相馬市のカリタス南相馬と協力し、「Ecoマスクプロジェクト」を実施しています。

「Ecoマスクプロジェクト」とは、学生が製作する布マスクを頒布する際に献金を受け取り、カリタス南相馬内に設置されている「和サロン眞こころ」の活動資金として寄付をするプロジェクトです。

新型コロナの感染が拡大し始め、マスク不足が発生していた際に、「和サロン眞こころ」の方々より、手作りの布マスクをいただいたことがきっかけで始まりました。

報告者

聖心女子大学Ecoマスクプロジェクトメンバー

  • 日本語日本文学科3年 藤原 優音
  • 英語英文学科3年 小坂 優芽
  • 人間関係学科2年 久保 綾美

日時および場所:

  • 2020年 8月28日(金)10:00~11:00、各自自宅(オンライン)
  • 2020年10月30日(金)15:30~17:10、聖心女子大学

参加者

聖心女子大学Ecoマスクプロジェクトメンバー

Ecoマスクプロジェクトとは:

学生デザインによるオリジナル布マスクの製作、頒布を行い、それをチャリティとしてカリタス南相馬、及びカリタス南相馬内に開設されている地域の方々による「和サロン眞こころ」(以下、眞こころサロン)の活動資金として献金する活動です。

活動の目的:

  1. 本プロジェクトは今も復興の途上にある南相馬の人々と、東京の学生が、新型コロナウイルスという新たな難題に直面する中、心を一つにして復興に向かって進んで行くことを基本理念としています。
  2. 南相馬眞こころサロンの御指導を受けることで、南相馬を身近に感じ、抱える問題を共有し、南相馬の方々と同じ方向を見ながら、共に困難を乗り越えていくという姿勢を大切にしています。

活動内容

2020828日(金):第1回マスク製作教室(オンライン)

眞こころサロン松野様ご指導の下、「第1回マスク製作教室」がMeetを利用して開催されました。眞こころサロンの極めて品質の高いマスクの、その製作の基礎やコツを学ぶため、製作工程に関するご指導を受けました。その合間に、東日本大震災以降、地域の復興支援を続けてこられた眞こころサロンの活動と、被災地の現状について伺いました。以下、参加学生の報告です。

報告者:藤原優音

お忙しい中眞こころサロンの松野様や先生方のご協力のもと、マスク製作教室を開催していただき有難うございました。当初は素人の私達にマスクが作れるのかという不安もありましたが、松野様から丁寧なご指導をいただき製作のイメージをつけることが出来ました。またどんな所に工夫を施しているのかお話を伺い、これから行うマスク製作の学びになりました。改めまして、貴重なお時間いただき有難うございました。

20201030日(金):第2回マスク製作教室(対面)

マスク製作活動を、対面活動にて実施しました。当初は全ての活動を在宅で行う予定でしたが、感染予防に留意することで対面での製作活動が実現しました。対面、在宅何れの活動にも対応できるよう、製作工程と分担の確認を行いました。以下、参加学生からの報告です。

報告者:藤原優音

初めての対面活動を行い、記念すべき第1号のマスクが完成致しました。布の裁断・ミシン・アイロン掛けなど自分の適性に合わせて担当を分け、スムーズに作業を進めることが出来ました。今までご協力していただいた皆様のお気持ちをマスクという形に残すことができ、大変嬉しく思います。

学生の声

報告者:藤原 優音

聖心女子大学Ecoマスクプロジェクトにご協力いただいた皆様に心より感謝を申し上げます。私は地元・東北に少しでも役に立ちたいという想いからこの活動に参加しました。活動当初は商品レベルのマスクを製作出来るのかという不安もありましたが、そんな私達に先生方や和サロン眞こころの松野様が協力してくださりました。そして先日第1号のマスクが完成し、このプロジェクトの第一歩が踏み出されました。マスクを多くの方の手にとっていただき少しでも復興の役に立てるよう、これからも精進して参ります。また現在メンバーは3人ですが、もっと仲間を増やして活動したいと思っています。興味がある方、ぜひ私達と一緒に活動しましょう!

報告者:小坂 優芽

このような状況下でありながらも、聖心女子大学Ecoマスクプロジェクトにご協力頂いた皆様に心より感謝申し上げます。新型コロナウイルスにより、生活は一変し、私達の活動も制限されてしまいました。そんな中でも、オンラインではありますが、先生方や和サロン眞こころの松野様のサポートにより、活動を進めることができました。そして、先日ようやくマスク第一号が完成いたしました!不慣れな点ばかりで、不安もありますが、少しでも皆様のお力になれるよう、誠心誠意努めてまいります。

報告者:久保 綾美

まず、今回このプロジェクトを進めるにあたり、協力してくださった皆様には心より感謝申し上げます。コロナ禍での活動には様々な制限があり、なかなか思い通りに進められないこともありましたが、このように対面での活動を開始し、本格的なプロジェクトを始動させることができ、とても嬉しく思っています。マスク作りはもちろん、お裁縫には全く不慣れですが、心強い眞こころサロン様のご指導の下、これから回数を重ね、より良いものを作り上げていきたいと考えています。また、この活動を通して、南相馬の方々と更に親交を深め、復興に少しでも貢献できるよう努力します。そして、このコロナウイルスという大きな問題を乗り越えた後、皆で笑ってお会いできることを楽しみにしています。

今後も、聖心女子大学ではEcoマスクプロジェクトを継続していきます!

一覧に戻る

PAGETOP