1. HOME
  2. 大学との協働プログラム
  3. プログラムレポート
  4. 【グローバル人材】愛知淑徳大学 文学部教育学科 小島ゼミとの協働事業「にじいろキャンプ」

大学との協働プログラム

201601/06(Wed)
プログラムレポート

【グローバル人材】愛知淑徳大学 文学部教育学科 小島ゼミとの協働事業「にじいろキャンプ」

愛知淑徳大学文学部教育学科の小島ゼミのメンバー11人は、2015年11月21日~22日の一泊二日で、岐阜県可児市に住む外国にルーツをもつ中高生24人を対象としたキャンプを、岐阜県白川郷で実施しました。

s_IMG_6547

 

かつて日本から移民したその子孫や、家族と共に来日した外国人の子どもたちは日本の公立学校や外国人学校などに通っており、現在、日本の公立学校に通う児童生徒のうち、日本語指導が必要な外国人児童生徒は3万人弱で、多くが東海地方に住んでいます。

大学生メンバーは、小学校の教員を目指す学生で、教育現場に行く前に、日本語指導が必要な児童生徒に合わせた指導に加え、教員には外国人児童の成育環境や家庭環境なども把握した個別の指導計画をつくる能力が求められています。

そうした能力を身につけるため、今回は学生たちが個々の事情を把握し、支えていくスキルを学ぶためにキャンプを計画し、実施をしました。

s_IMG_6543

 

キャンプでは、世界遺産白川郷を歩きながら、チームごとに協力をして回答するゲームを行い、チームの中での交流を深めました。また、2日目には、白川郷周辺で仕事をする人を訪ね、将来の仕事に対するビジョンを深める時間としました。

s_IMG_6545

s_IMG_6570

 

今後も、日本財団学生ボランティアセンターは、愛知淑徳大学との協働事業を進めていきます。

 

一覧に戻る

PAGETOP