1. HOME
  2. 学生ボランティア派遣
  3. ボランティア活動レポート
  4. チームながぐつプロジェクト第77陣 宮城県石巻行き 活動報告

学生ボランティア派遣

201404/17(Thu)
ボランティア活動レポート

チームながぐつプロジェクト第77陣 宮城県石巻行き 活動報告

2014年2月14日~2月17日

【活動2日目(2月15日)】雪
活動場所:石巻市石巻駅周辺
活動内容:雪かき、ベンチ制作

午前中はGakuvo石巻拠点の周辺の雪かきをしました。
1888564_359114410895614_1282426004_n
998151_359114364228952_1065906633_n
1688548_359114654228923_168450979_n
午後は、拠点内にてGakuvoの景観再生プロジェクトでお世話になっている石巻市渡波地区にある明神社に置くベンチ作りをしました。
1655854_359114777562244_1042855478_n
1662127_359114727562249_527537443_n
インパクトドライバーと2×4の木材などを使い、4つのベンチを組み立て、塗装まで完了させました。
1511622_359114970895558_977117309_n
150368_359115100895545_1994516333_n

【活動2日目(2月16日)】晴れ時々曇り
活動場所:石巻市長面地区、雄勝地区/石巻市渡波地区明神社
活動内容:視察/雪かき、ベンチの設営

午前中は石巻でも特に被害の大きかった長面浦や雄勝地方に行き、視察をしました。その後、Gakuvoの景観再生プロジェクトでお世話になっている渡波地区の明神社にて雪かきと前日に制作したベンチを設営しました。
1546273_359751187498603_409175175_n
1620750_359751330831922_1818405452_n
1798050_359752807498441_116984957_n
1798486_359751517498570_181410695_n
作業終了後、日和山と言う、石巻で甚大な被害があった南浜地区全体を見渡せる高台にのぼり、視察をしました。

今回の活動は天候の関係で、雪かきと被災地区の視察がメインの活動でしたが、なれない作業にも一生懸命取り組み、石巻の為に汗を流しました。
活動の中でも特に長面地区の視察や大川小学校の話は学生達の印象が強かった様子でした。

最後に、参加者に日程終了時に書いて頂いている報告書の中から抜粋したものをご紹介します。
※掲載した文章は全文でないため、ご本人の意図と若干異なる場合がございます。ご了承ください。

■活動前の気持ち
・テレビや新聞といったメディアを通した被災地の姿しか知ることができず、非震災地が真にどのような状況にあるのかを知ることはできなかった。

・自分が行って何か変わるなら、少しでも力になるなら行き続けたい。

・震災後から3年間が経とうとする中、まだリアルな現実を目の当たりにしなかったので、早く活動に取り組みたいと思っていた。

・震災から3年が経とうとしている被災地の様子が知りたい。

・3年経ってどうなってるんだろうと思った。自分が行って力になれるのか不安だった

・ボランティアの経験がまったくなくて、不安ばかりでした。

■活動後の気持ち
・参加してよかったと思います。互いに学んでいくことが互いに変化をもたらし、成長していくのだと感じるようになりました。災害の怖さを目の当たりにして、人間の弱さも感じるようになりました。しかし、人と人は支え合って大きな力が生まれるということも実感するようになり、これからも自分のために、人のために役に立ちたいと思います。

・天気にめぐまれず、雪かきが大半であったが、地元の人たちの感謝の気持ちで、やって良かったと思えた。また、被害が大きかった地域を訪れた時は、今までテレビ上でしか見ていなかったことが、実際自分の目で見ると、つらく、関心が薄かった自分がなさけなく思った。

・雪かきにしても、これを仮設に住んでいる高齢者の方がやるとなると本当に大変だと実感でき、ボランティアの重要性を知れた。

・実際に自分の肌で感じ、目で見たことにより、様々な感情や出来事を思い出しました。東北で生まれ育ったわけではないけど、こうやって活動したことにより得ることのできた体験や思いを忘れてはいけないなと改めて思いました。

・1人1人の力は微力かもしれないが、無力ではないし、人数が集まれば出来ることは大きくなると思った。そう思わせてくれるような活動をいつも用意して下さってありがとうございます!

・間接的な活動が中心でしたが復興の一助になれたことが良かったと思います。また話を聞いたり、被災地を見ることで、問題がただ単に、命を奪われ、経済的不利益を被ったにとどまらないことに、少し実感をおぼえました。充実したとともに、意識を高められました。

■今後のボランティアに必要な事は?
・一人一人が問題意識を持ち、能動的に行動すること。→ただ、被災地に行ってきたということにしない。被災地に行ったあと、問題意識がどのように変わったのかを理解し、次の行動につなげること。

・関心を持ち続けること。周りの人に伝えていくこと。

・ボランティアに来る前にもっとそこの場所を知っておくべきだと思った。同じボランティアの人が何回も来ることも大事だと思うけど、いろんな人がこの震災の悲劇を忘れないためにも、周りに関心を持ってもらえるように伝えることが大切。

・社会問題の現実を直接体験により知り得ること、世の為人の為に活動する感覚が得られること。若者の力こそが必要とされること。といったことを(他のボランティア等でもそうですが)周知させること。

■感想
・活動内容が状況に合わせて変化するスタイルは、その時に一番必要とされることをできるので良いと思った。

・”被災地へのボランティア”というきっかけを与えてもらえたことを非常に嬉しく思います。周りの子に興味のある子がいたらぜひオススメしたいと思います。

・このような低価格で、こんなに内容の濃い活動をさせていただけることに毎回本当に感謝しています。ボランティアしたくても個人ではできることが少ない、だけど旅行会社の用意するボランティアツアーは高くて続けて行うことは難しい。Gakuvoはそういった資金面のカバーや安全にも細かく配慮してくれて本当に安心して活動できると同時に、そのことにとても感謝しています。

77陣の皆さん、お疲れ様でした!
1902825_359752810831774_989824921_n

一覧に戻る

PAGETOP