1. HOME
  2. 学生ボランティア派遣
  3. ボランティア活動レポート
  4. 【ボランティア派遣参加者報告書掲載】チームながぐつプロジェクト49陣

学生ボランティア派遣

201306/26(Wed)
ボランティア活動レポート

【ボランティア派遣参加者報告書掲載】チームながぐつプロジェクト49陣

大学生ボランティア派遣 チーム「ながぐつ」プロジェクト 2012年度参加者

【ボランティア参加者報告書掲載】第49陣

Gakuvoでは、大学生ボランティア派遣に際し、終了時、参加者全員に報告書提出をお願いしています。

その報告書の中より、抜粋して皆様にお届けいたします。

※掲載した文章は全文でないため、ご本人の意図と若干異なる場合がございます。ご了承ください。

第49陣 宮城県石巻市 2013年1月18日~1月21日

活動をしていると、お茶やコーヒーを始めとし、カキご飯やカキ汁など昼食を頂くことがあった。これは、実際に相手との関係が近いからこその出来事のように感じた。

大学4年・男性

今回は2回目でしたが、前回と比べて、地域の方々と交流できたのが自分にとっては新たな事でした。福貴浦の方々が気さくに話し掛けて下さり、Gakuvoとの信頼関係が築かれている事がとても良いことだと思います。

1陣から始まり、今の49陣まで、まさにたすきのように色々な学生に繋がってきていて、また自分も、次の陣にしっかりとたすきを渡せるよう、責任を持って行動しなければ、と思いました。

大学1年生・女性

今回のワークを終えて特に感じたのは、1陣から48陣までのみんなと、引率や現地で指導してくれる方々のおかげで整えられた、現地の人々との絆や環境のありがたさです。

あたりまえに行って、いつも歓迎してもらって、ワークが決まっていて、町の人も認識してくれるというのはとても幸せなことです。

大学院生・女性

お祭りの準備では地域の方たちと一緒に作業をして、冗談を言ったり、津波の話を聞いたり、ショックな話も多かったけど、自分と話をすることで地域の方が笑顔になってくれることにとてつもなく喜びを感じ、直接支援には関係なくても、どんなに小さなことでも、自分にもできることが”あるんだ”という自信につながった。

大学4年生・女性

自分がもし石巻市民だったとして、震災後もずっとボランティアには来てほしいです。「ボランティアが来る=世間の目が私たちにまだ向いている」という感じを持ちます。

自分は実際に被災はしていないのでわかりませんが、世間が震災のことを忘れることはとても悲しいことだと思います。長期的な復興計画という点からもボランティア活動を継続することの重要さを今回の活動で考えることができました。

大学2年生・男性

またGakuvo49陣の仲間には、沢山の刺激をもらいました。何回もボランティアに参加されている方もいたり、みなさん意識が高いです!”震災”について、”ボランティア”について真剣に話をしたりする時間もあり、本当に勉強になりました。

大学1年生・女性

自分がした行動が相手に対してどのような意味を持つのか、又、どういう行動をしたら、相手のためになるのか、について深く考えさせられた2日間だったと思いました。

大学4年生・女性

みなさん、お疲れ様でした。

一覧に戻る

PAGETOP