1. HOME
  2. 学生ボランティア派遣
  3. ボランティア活動レポート
  4. 【ボランティア派遣参加者報告書掲載】チームながぐつプロジェクト44陣

学生ボランティア派遣

201304/03(Wed)
ボランティア活動レポート

【ボランティア派遣参加者報告書掲載】チームながぐつプロジェクト44陣

大学生ボランティア派遣 チーム「ながぐつ」プロジェクト 2012年度参加者

【ボランティア参加者報告書掲載】第44陣 遠野・石巻

Gakuvoでは、大学生ボランティア派遣に際し、終了時、参加者全員に報告書提出をお願いしています。

今回も、『今後のボランティアに必要なこと』についてです。

第44陣 岩手県遠野市 2012年11月9日~11月12日

無理をしないこと。継続すること。

大学4年・男性

地元の方たちと一緒に作業できる環境の中で仕事がしたい。(今回の様な)”女の子だから”と力作業を避けるのは嫌なので、どんどん任せて欲しいです。どうしていくべきか、自分の中でまだ整理できていません。

大学4年・女性

私たちが今回したこと、見た事、感じた事を言語化して多くの人に伝えること。

大学2年・女性

今後のボランティアに必要なことは、これから、どの方向に向かって進んでいくべきか、というのを考え、一つの方向性に向けて復興作業をしていくことが必要だと思いました。

大学3年・男性

自分が現地に継続的に行くだけでなくて、周りに伝えることも必要。

大学1年・女性

ニーズの明確さ、ボランティア質の向上。

大学4年・男性

第44陣 宮城県石巻市 2012年11月9日~11月12日

活動終了後に各自ができることをする。例えば周りの人に伝える、活動した地域のニュース・行政・被災前の様子を調べる等。そうすれば、自分もまた参加しようというモチベーションがあがると思う。

大学4年・男性

被災地を忘れない気持ちを常に持ち帰り、一日一日を生きること。

大学院性・男性

現地の人が普通の生活に戻れるように、自立できるように、できるボランティアが必要だと思う。ボランティアと現地の人が、一緒に活動することが必要と思う。

大学生・女性

忘れない、という事。継続的に自分なりにできることは何かを考え、行動することが大事だと思いました。

大学4年・女性

できるだけ早い社会インフラの整備。これからの被災地を支えるための人材。震災に対する被災地以外の風化の防止。

大学3年・男性

皆さん、お疲れ様でした。

一覧に戻る

PAGETOP