1. HOME
  2. 学生ボランティア派遣
  3. ボランティア活動レポート
  4. 【ボランティア派遣参加者報告書掲載】チームながぐつプロジェクト

学生ボランティア派遣

201303/01(Fri)
ボランティア活動レポート

【ボランティア派遣参加者報告書掲載】チームながぐつプロジェクト

大学生ボランティア派遣 チーム「ながぐつ」プロジェクト 2012年度参加者

【ボランティア参加者報告書掲載】第41陣 石巻

Gakuvoでは、大学生ボランティア派遣に際し、終了時、参加者全員に報告書提出をお願いしています。

その報告書の中より、抜粋して皆様にお届けいたします。

※掲載した文章は全文でないため、ご本人の意図と若干異なる場合がございます。ご了承ください。

第41陣 宮城県石巻市 2012年9月28日~10月1日

この短い2日間で私達がやったことは確かに少ないけれど、この2日はそれだけで完結するものじゃないと思う。私達一人一人が感じ、考え、そこから派生する何か、それこそが重要だと思う。本当にこの短い間にいろんなことを考えられた。

地元の方のお話からもたくさんのことを教わった。

この経験を自分の人生でどう位置づけるのか、きっとたくさんの方法がある。

石巻ともっとずっと繫がっていくこと、自分の生活で災害に備えること(防災意識を高めること)人に伝えること、それによって人の命も守ること。

人との繋がりを大切にすること。

いろいろあるけど、まず足元のことからはじめたい。

大学3年・女性

義援金で来ているのに小さなことしかできない罪悪感はある。

しかし、ここで経験したことを日本の未来のために活かせれば恩返しとなるはずだ。だから学生ボランティアを支援しているのだと思う。もっと頑張らなきゃならないと思った。

大学2年・男性

自然の大きさ、怖さ、というものを、現場と見る事で実感しました。

私達が自然に打ち克つように作ってきたすべての物が、こうした自然災害によって一度にめちゃくちゃにされてしまうことで、人間の行ってきたことを考え直す機会になると思います。いくら知恵をひねっても、技術開発しても、自然に打ち克つのは不可能です。

今後の物造り、暮らし方を私達は再考すべきだと。再認識させられました。

私達、若い世代が次の時代を担っていくので、今回の経験をいかした社会づくりに貢献しようと思います。

大学院生・女性

今までは、自分の怠惰で優先度の低い事を後まわしにして自分を優先してきました。しかし、最近、時間が空いたため、(このボランティアに)参加しました。参加後は、驚いたことに、体に疲れがたまっていたはずなのですが、精神的には全く疲れていなく、むしろ充実感がありました。他人のために時間を割くという作業をすることで、気がついた大きな心の変化だと思います。

大学2年・女性

皆さん、お疲れ様でした。

一覧に戻る

PAGETOP