1. HOME
  2. セミナー/シンポジウム
  3. セミナー活動レポート
  4. 災害セミナー@二松学舎大学を開催しました

セミナー/シンポジウム

201612/14(Wed)
セミナー活動レポート

災害セミナー@二松学舎大学を開催しました

東京・千代田区にある二松学舎大学で12月13日(火)、災害セミナーを開催した。
ゲストスピーカーとして、特定非営利活動法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)伊藤理事と、同・学生代表である法政大学経済学部4年・砂田氏により、「災害現場で学生が果たす役割と効果」と題し、今春に発災した熊本地震を題材にし、約60分ほどの講演を行った。

%e4%ba%8c%e6%9d%be%e5%ad%a6%e8%88%8e_%e7%81%bd%e5%ae%b3%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc

(学生代表・砂田氏)
伊藤理事からは、災害時における被災地でのニーズの変遷や学外での学びから得る成長について、一方砂田氏からは、被災地における学生のメリットやデメリットなどを自らの体験を織り交ぜ、熱く語ってくれた。

%e4%ba%8c%e6%9d%be%e5%ad%a6%e8%88%8e_%e7%81%bd%e5%ae%b3%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e2%80%95
受講した100名ほどの学生からは、学生の勢いがおしつけにならないだろうか、または遠方での活動に必要な資金はどのように捻出しているかなど、本質を突く質問も出るなど、非常に関心は高かった。
わが国では、残念なことにここ数年、大規模な災害が多発しており、非常時における関わり方を学びたい学生も増えており、今後、当センターとしても同様のセミナーを他大学でも開催していく予定だ。

一覧に戻る

PAGETOP