1. HOME
  2. 大学との協働プログラム
  3. プログラムレポート
  4. 【災害ボランティア】ボランティアリーダー養成プログラム2016 メンバー企画「丹波ええとこ発信隊」を開催しました

大学との協働プログラム

201612/15(Thu)
プログラムレポート

【災害ボランティア】ボランティアリーダー養成プログラム2016 メンバー企画「丹波ええとこ発信隊」を開催しました

兵庫県の山間にある丹波市で、12月10日、11日の2日間、兵庫県内の大学生らが企画した「丹波ええとこ発信隊」を開催した。

s_img_3141
この企画は、大学コンソーシアムひょうご神戸との協働プログラム「学生ボランティア養成講座2016」に参加した学生たちで企画。
丹波豪雨の被災地を忘れない企画として、次世代のワカモノである地元と都市部の高校生を巻き込んだ交流事業。地元からは、柏原高校、氷上西高校の2校から、都市部からは三田西陵高校の高校生が参加。大学生と一緒に、被災した市島町を中心に様々な分野でのヒアリングを行いながらマチ歩きを実施。

s_img_3143

s_img_3156

s_img_3158

普段、丹波市内に住んでいる高校生も、新たな発見に驚く場面も多かった。一方、都市部に住んでいる学生らも丹波市の人情味あふれるふれあいに心が癒されていたようだ。

s_img_3175

s_img_3182
最終日のプログラムでは、早速、発信するための冊子のドラフトを作成し、丹波市で日夜復興支援を行っているスタッフへのプレゼンテーションを行い、様々なアドバイスを戴いた。

 

s_img_3196

s_img_3231

 

s_img_3210

 

s_img_3224

s_img_3242
今後、このようなヨソモノと地元のワカモノの視点を加え、普段気付かない地元の魅力を発見し、復興を加速させられれば、新たなまちづくりの一助となっていくだろう。

一覧に戻る

PAGETOP