1. HOME
  2. チームながぐつプロジェクト第162陣(明治大学アメリカンフットボール部)福島県いわき市、川内村行き活動報告

活動レポート

201707/26(Wed)
 

チームながぐつプロジェクト第162陣(明治大学アメリカンフットボール部)福島県いわき市、川内村行き活動報告

7月7日~7月9日にかけて、明治大学アメリカンフットボール部「GRIFFINS」の部員30名が福島県いわき市と川内村でチームながぐつプロジェクト第162陣として活動を行いました!

(川内村天山祭での記念写真)

7月7日(1日目)

ボランティア活動前のレクチャー@八幡山グラウンド

18:45より明治大学八幡山グラウンドにて、GRIFFINSディレクター原田さんよりご挨拶、Gakuvo職員佐藤と宮腰よりボランティア活動前のレクチャーを行いました。

(八幡山グラウンドからいわきに向けて出発!)

今回、宿泊でお世話になる菩提院の霜村副住職にご挨拶をいただいてから、翌日に備えて就寝しました。

7月8日(2日目)

川内村副村長による現状説明、村内視察

翌日は6:00起床、朝食後に川内村へ出発、9:00より川内村役場にて猪狩副村長による現状説明をお伺いしました。

(川内村役場に入っていく学生たち)

(震災発生からこれまでの出来事を説明する猪狩さん)

(真剣な面持ちで聴く学生たち)

猪狩さんからは、震災後の富岡町民受入れから全村避難、避難指示解除などの状況や、村の文化・産業・生活を継承して創生していく今現在の取り組みについて30分ほど、ご説明いただきました。前回まで郡山市の仮設住宅で村民の方のお手伝いを経験した学生も多かったため、話を聴く真剣な眼差しが印象的でした。

お話を伺った後は、バスに乗り込み、猪狩副村長のガイドにより村内の各所を案内していただきました。

(震災後に新しく出来た施設や店舗、村の状況を説明する猪狩さん)

天山祭への参加、お手伝い@川内村天山文庫

毎年、7月第2土曜日に、天山文庫の前庭で毎年開催されている天山祭。川内村ゆかりの詩人草野心平が好きだった祭りで、村の内外から人が訪れ、酒や肴、山菜が振舞われるほか、詩の朗読や伝統芸能の披露などもあります。
川内村の方々の誇りとなっているこのお祭りに参加し、お手伝いをします。

(村の職員の方から、作業の種類や人数配分などの説明を受けます)

(この坂道の先が祭り会場)

(学生たちによるテント設営)

(受付のお手伝い)

(来場される方の中に車椅子の方がいるという事で、予行練習中)

(祭り参加される方のお弁当が到着、この後、車は数往復しました)

(村の方とも協力してお弁当を運んでいきます)

(祭りの開催時間が迫ってくるに連れ、受付で学生たちが動きます)

(祭りが始まりました)

(村のお母さんたちと協力して、お弁当を配布していきます)

(まだお弁当もらっていない方いますか?参加の方にもれなく配ります)

(引換券と交換です!岩魚の塩焼きも入ってます!)

(参加される方が座りやすいようにブルーシートを小さく切ります)

(お手伝いが一段落し、祭りのお弁当をいただきます)

(川内村に伝わる獅子舞)

(祭りのクライマックス、川内小唄ではみんなで踊ります)

(いつまにか学生たちも半纏を着て、村の方々といっしょに楽しんでいます)

(祭りの撤収作業では、大きなゴザをまるめてしまいます)

(テントの部材やごみの運搬)

(参加された方のお見送り、急な坂道を慎重に降りていきます)

(草野心平氏といっしょに詩をつくっていた方々と記念写真)

(ビニールシートの掃除)

(ゴザもきれいにします)

(作業修了後、秋元教育長からご挨拶いただきました)

川内村のみなさま、天山祭にご参加のみなさま、ありがとうございました。
その後、いつもお世話になっているいわき湯本温泉の新つたで入浴させていただきました。

(新つた前に並んだ学生たちの靴)

懇親会@菩提院

19:15からは宿泊させていただいている菩提院にて、いわきの方たちも参加しての懇親会です。

(オリーブプロジェクト松崎さんよりメニューの一つ「オリーブ麺」について説明)

(いつもお世話になっている有賀さん主催のじゃんけん大会!)

(学生たちも非常に盛り上がっています)

(いわきのみなさんと記念写真)

22:00には消灯し、明日に備えます。

7月9日(3日目)

菩提院での清掃と講話

5:45には起床し、お世話になった菩提院の宿坊やお庭を掃除していきます。

(本堂の階段も掃き清めます)

(霜村さんから菩提院の成り立ちについて伺います)

(震災後に霜村さんも中心メンバーの一人となって発足した未来会議について)

(明治大学OBの方から差し入れも)

(菩提院のみなさんにご挨拶をして、活動場所へ向かいます)

2日間宿泊させていただいた菩提院のみなさま、ありがとうございました。

ゆうゆうファームでの活動@いわき市小川町

9時前に本日活動するゆうゆうファームのフェイジョア園に到着し、「GRIFFINS FARM」の看板除幕式から始めます。

(ゆうゆうファーム丸山さんと学生により除幕)

(今後も継続していく証である看板の前で記念写真)

そしてそれぞれの場所に分かれて農作業を行います。
①加工場のブロック積
②ブラックベリーのハウスづくり
③大ハウスのマイカー線取り付け
④フェイジョアの受粉と花殻除去
⑤イチジクの芽欠き
⑥梨の樹の抜根及び枯草の片付け

(加工場のブロック積、初めての作業ですが、協力して進めます)

(ブラックベリーのハウスづくり)

(フェイジョアの受粉と花殻除去)

(イチジクの芽欠き)

(梨の樹の抜根及び枯草の片付け)

晴天に恵まれ、真夏のような暑さの中、作業を進めていきます。
お昼ごはんでひとときの休息。

(お昼ごはん、冷や汁もいただきました!)

午後も引き続き、作業です。

(6か所に点在するいちじく圃場を移動しながら、作業をすすめます)

(大ハウスのマイカー線取り付け)

 

(加工場のブロック積、だんだんと積み上がっていきます)
15時前後には各作業を終え、塩田公民館で最後の振り返りの時間を取ります。

(地元紙の取材を受ける学生たち)

いつも明治大学のプログラムコーディネートでお世話になっている、NPO法人コースターの坂上さんの進行により、主に川内村天山祭に参加する前に思った事、参加後に感じた事をグループごとに話し合ってもらい、発表していきます。

(「来る前は屋台が出るお祭りだと思っていたが、伝統的な行事だった」)

(「若者がとても重宝がられた、若者の活気が必要だと思った」)

(丸山さんからもごあいさつをいただきました)

(丸山さんとご家族、ゆうゆうファームのみなさんと記念写真)

丸山さん、ゆうゆうファームのみなさん坂上さん、ありがとうございました!
16:50に塩田公民館を出て、東京へ。20:30過ぎに八幡山グラウンドに到着し、解散しました。

お世話になったいわき市・川内村のみなさん、ありがとうございました!

一覧に戻る

PAGETOP