1. HOME
  2. セミナー/シンポジウム
  3. セミナー活動レポート
  4. 2017年度ボランティアシンポジウムを開催しました。

セミナー/シンポジウム

201803/18(Sun)
セミナー活動レポート

2017年度ボランティアシンポジウムを開催しました。

2018年2月10日~2月11日、東京・新橋駅から程近くのレンタルスペースに全国から60名ほどの大学生が集まり、2017年度ボランティアシンポジウムを開催しました。
Gakuvoと協力協定を締結している大学のボランティア関連講座や活動などに参加した学生が、その取り組みとそこから得た学びについて発表を行いました。

イベント概要

場所:

TKP新橋汐留ビジネスセンター

参加大学・団体:

東北大学、東北福祉大学、大正大学、中央大学、法政大学、新潟青陵大学、愛知淑徳大学、追手門学院大学、大阪大学、大学コンソーシアムひょうご神戸、福山市立大学、日本文理大学、熊本学園大学

当日の構成:

1日目
・学生の伝える力を鍛えるトレーニングを実施
・トレーニングを受けて、学生による発表資料の更新

2日目
・17団体から各15分発表
・フィードバックと質問タイム、2日間のまとめ

2月10日(1日目)

2人の講師から、プレゼンや記事などで相手にどのように活動を伝えるかを学びました。翌日の発表に活かされたのはもちろん、自身のこれまでの経験を振り返るためのきっかけにもなったようです。

「学生ボランティアのためのプレゼン塾」
横尾俊成氏(NPO法人グリーンバード)

「読み手がわかる、心に触れる レポート執筆の極意」
森田泰進氏(読売新聞東京本社)

宿泊先のオリンピック記念青少年センターへ移動。

トレーニングを受けて、各グループによるプレゼン資料の練り直しが深夜まで続きました。

2月11日(2日目)

朝から夕方にかけて、17団体による活動発表を行いました。
1日目のトレーニングを受けて、発表で大事にしたいキーワードを団体ごとに上げてもらってから、自身の所属する団体の取り組みとそこからの学びを発表していきました。

夕方の2時間弱は、参加者が自由に小グループに分かれて、発表団体へフィードバックや質問を行った後に、テーマに分かれて話し合いをしました。発表を聞いた学生は、色別の付箋に「良かった点(赤)」「こうするともっと良い点(青)」「もっと聞きたい点(緑)」をそれぞれ記入して、フィードバックの最初に、各団体の模造紙に貼りに行きました。テーマに分かれた話し合いでは、学生が「熊本支援」「アイスブレイク」「ボランティアセンター」などのテーマを出して、関心がある学生が集まって話をしていきました。

参加グループのみなさま、おつかれさまでした。
この場で出来たネットワークも活かして、
これからも活動に学問に邁進していってください。

一覧に戻る

PAGETOP