1. HOME
  2. 大学との協働プログラム
  3. プログラムレポート
  4. 【災害ボランティア】学生ボランティア養成プログラム2017 丹波PV試写会を実施しました

大学との協働プログラム

201803/29(Thu)
プログラムレポート

【災害ボランティア】学生ボランティア養成プログラム2017 丹波PV試写会を実施しました

今年で3回目となるGakuvoと大学コンソーシアムひょうご神戸との連携事業「学生ボランティア養成プログラム」。
2017年7月の丹波フィールドワークでは、最後のワークショップで自分たちが丹波のために何が出来るかを考えた。そこでアイデアが出され、丹波市の方にも評価をいただいたのが、丹波市のプロモーションビデオをつくることだった。

学生たちは「丹波PVプロジェクト」という名称で、丹波市役所の復興推進室や若手自主研究グループの全面的なサポートのもと、ロケハンや撮影を進めてきた。

 

2018年3月29日に、学生が半年かけて、議論を重ねて、撮影・編集をした「丹波プロモーションビデオ」試写会が丹波市長はじめ関係者を招いて、丹波市氷上住民センターにて行われた。

5分ほどで丹波市の魅力のスポットを神戸などの都市部に住んでいるカップルが巡っていく内容で、カップルを演じるのは丹波市職員。撮影やシナリオ作成は学生が丹波市職員からのアドバイスを受けながら実施した。PVの中には、学生が昨年7月に訪れた大型の砂防えん堤も映っている。

市長からは、内容に感動したことや市で活用していくというお話があった。
会場からも「あらためて丹波の魅力に気づかされた」「ぜひ続編をつくってほしい」という質問や感想が相次いだ。

試写会上映後には、学生、丹波市復興推進室、丹波市自主研究グループによる、このプロジェクトを通しての感想や自身が得たものを共有した。

PVづくりのプロセスの中で、丹波市の方々と交流し、同じ目的のために切磋琢磨したことは、学生だけではなく丹波市職員の方々にとって、非常に良い経験になったとの感想が多く聞かれた。

丹波PVは現在映像の最終調整中でGakuvoウェブサイトなどで、近日中に公開する予定だ。

一覧に戻る

PAGETOP