Gakuvoの“中のヒト”の日常 ガクボブログ

正座は慣れない

こんにちは。かんちゃんです。
今⽇は、私が⼤学で受講している「箏の教室」での出来事を話したいと思います。

⼤学内の茶室で、学⽣が無料で受けられる全4回の箏の教室があります。
私は⼀昨年に引き続き受講しました。(三味線の教室もありましたが、センスがないと感じ途中でリタイアしました、、、)
もちろん弾く時は正座をします。
先⽣は「⾜を崩してください」と時折⾔ってくれますが、今回は30分の中で1度しか⾔ってくれませんでした。そのため、⾜が痺れるどころか感覚がなくなりました。
ようやく終わりの挨拶をした後、⾜に早く⾎を巡らせるために、いち早く⽴ち上がり⾜をぶらぶらさせました。
すると先⽣が急に世間話を始め、そのまま⽴って聞くことに。(失礼のないよう、⾜のぶらぶらは⽌めています)
⽴ったまま固まってしまった私は、なんとか⽣まれたての⼦⿅のように帰りました。
もう1⼈の受講⽣が清々しく、⾜取り良く帰って⾏ったのを⾒て笑ってしまいました。

教室は来週で終了しますが、次回も同じはめになりそうです。

2021年度インターン かんちゃん