Gakuvoの“中のヒト”の日常 ガクボブログ

ちゃんくんさんせんせい

相手に対する敬称はどれをつかっていますか?スミスちゃん、ジャスミンくん、ナオミさん、マーゴットせんせいなどなど。
きっかけはなんだったのか、いま思い出せないのですが、昨年2月頃に性別にかかわらず、年下の方たちにも「さん」で統一することにしました。それまでも埋火のようにこころのどこかに違和感があったのでしょう。
敬称はジェンダーとも深くかかわっていて、個人と個人の力関係がわかりやすく可視化してもくれます。

出来る限り対等に、出来る限りニュートラルな目線で、目の前の人と向き合いたい。
はじめましての人とも接することが多く、年下の学生と接することもとても多いGakuvoのスタッフとしては、「さん」にしたい、せねば、という想いだったのではないかと。
*キャンプネーム、あだ名についても触れなければと思いましたが、また別の機会に。

ところで、いつも誰にでも「さん」づけで接していた、とある方が「さかなクン」には、さんを付けなかったそうです。
その方のお父さんは、基本的に苗字のみを呼ぶことが多かったそうです。だれでしょう?

わたしの4歳のこどもは、じぶんのことを「○○ちゃん」と呼びます。
友達にはちゃん、くん、の両方を使い分けています。
この子が、意識をして使いはじめていくのは、もう少し先になるかもしれません。

追伸
最後になって、自分より年下の仲間たちに対して「子」と呼ぶ違和感について、触れたかった事を思い出しました。
違和感だらけです、これには。また次回。