nn
Gakuvoの“中のヒト”の日常 ガクボブログ

焦るのも悪くない

こんにちは。にいです。

私は、先週テストが終わり、夏休みに突入しました。

テスト期間の緊張感って何なのでしょうね。

私は、周りの人が勉強していて、自分も勉強しなくては!と思うのがやる気を出せるパターンなので、今まで単位が取れたのは周りの人のおかげだなとしみじみ感じています。

1人ではなかなか難しいことでも、一緒に取り組む人がいると意外とすんなりできたりします。一緒に過ごしてくれる方々には本当に感謝です。

突然なのですが、今回のテスト期間を通じて感じたことがありまして、皆さんは「焦り」という感情に対してどのようなイメージを持っていますか?

私は、「焦り」というと、バスに遅れないように走る、課題提出のために徹夜をするなどの場面を思い浮かべます。

周囲から急ぐことを強制されるので、できれば避けたいマイナスなイメージを持っています。

これらの感情を抱いているときは、不快というかあまり良い気分はしないですよね。

そのため、どこかでこれらの感情を抱くことにマイナスなイメージを抱いていました。

テスト勉強をしている時にふと「なんでこんなにも必死に頭を動かしているのか」と考えたことがあったのですが、「焦り」や「危機感」があるからだと感じました。

「このままでは単位が取れない」「落としてしまったらどうしよう」など、不安な気持ちがあるから頑張れます。

焦らずにコツコツ取り組めるのが理想ですが、良い部分もあるのだと思うと、何だか悪い気がしないというか、「焦り」も可愛らしく見えてきました。

私は、テスト期間にだいぶ焦らなければならなかったので(反省しています…)、夏休みはのんびりする時間も作れたら嬉しいです。

最近暑い日が続くので皆さん体には気を付けてお過ごしください。

2021年度インターン にい