Gakuvoの“中のヒト”の日常 ガクボブログ

おにぎりとへびせんせい

おはようございます!サクランです。

早速ですが、おにぎりと聞くと何が思い浮かびますか? 私は、親が中学から高校までほぼ毎日作ってくれた、お弁当の小さいおにぎりを思い出します。手間はかかるのですが、おにぎりの方が美味しい気がしていました。

そんな思い出のあるおにぎりで世界のこどもたちに給食が届くアクションが今、様々な所で起きています。それは、おにぎりアクション2021と呼ばれるものです。私は最初、ボランティアセンターのTwitterでなぜおにぎり何だろうと思った後に、テレビのニュースで知りました。

サイトを見ると、簡単に投稿の方法が分かるので、見てみてください。そして今日は、世界食料デーと呼ばれる日なので、アクションをするにはピッタリです!

タイトルにあるへびせんせいは何かというと、うわさのがっこう(著者:きたやまようこ、2006年6月20日初版発行)という本に出てくるキャラクターです。それを思い出したのは、おにぎりの情報をシェアして、反応してくれる人がいたり、私が思ってもみなかった所で感謝されたことがあったからです。最近は悪いことが多いと思っていたので、その朝はびっくりして早起きをしました。その時に、へびせんせいの「いいこととわるいことは、いつもおなじかず」(同本15ページより)という言葉を思い出しました。

へびせんせいに会いたいので、この言葉をいつも通り大切にして過ごそうとまた思えた出来事でした。

2021年インターン 大野さくら