Gakuvoの“中のヒト”の日常 ガクボブログ

私の好きな作品

こんにちは。久しぶりにガクボブログを書きます。
今日は、私の好きな作品についてお話しようと思います。

私は、アメリカのテレビドラマ「SUITS(スーツ)」という作品が大好きです。
この作品は、アメリカのニューヨークにある法律事務所を舞台に、繰り広げられるお話です。
日本や韓国でもリメイクされ、有名になりました。
しかし!私がおススメするのは原作のアメリカ版「SUITS」です!

今日は、「SUITS」の私が愛してやまない見どころポイントを紹介したいと思います!

その1 「法律だけじゃない!」

もちろん、この作品は法律を扱うリーガルドラマです。
しかし、愛や友情、人間関係がテーマになっていると私は思います。
この作品には、数多くのキャストが出演しています。その一人一人が持つ、過去や想いが話を追うごとに明かされていきます。涙なしでは見ることができないとても重要なポイントです!

その2 「現代の社会が投影されている!」

この作品では度々、訴訟やトラブルが話のキーになってきます。それらは、現代の世界の社会をとても忠実に表していると思います。
訴訟やトラブルの題材には、人種差別訴訟、女性差別問題、セクシャルハラスメント訴訟、離婚訴訟、住宅訴訟、パワーハラスメント訴訟、労働問題…などなどありました。
この作品を見ていると、同時に自分のことや、社会について見つめ直してみたり、考えさせられるような気持ちになります。

その3 「吹き替え版を見た後、字幕版を見るべし!」

この作品は、なんといってもユーモラスな部分がとても面白いです。
特に、日本語の吹き替えはとても巧みに作られており、日本語は素晴らしいなぁと思ったことがあります。
私のオススメは、一周目を吹き替え版で視聴し、二周目を字幕版で見ることです。
なぜかというと、日本語の独読な言い回しや、面白いセリフが、実際の俳優の方たちからはどのような英語で言われているのか聞いてみると二倍面白いからです。私は、吹き替え版を見ていて、「このセリフ、英語でどうやって言うのか分からない!」と思ったら、すぐ字幕版でそのセリフを聞きにいきます。このように、楽しみながら英語の勉強もできるので、字幕版もとってもおススメです!

見どころポイントを3つ書きましたが、正直まだまだ書き足りませんっ!

シーズン1~9まで放映され、今は有料動画配信サービスなどで視聴することができます。
私は、新型コロナウイルスの自粛期間中にこの作品に出逢い、つい最近三周目を観終わり、四周目を見ているところです。

これが、私のドラマ鑑賞の特等席です。ちょうどよい高さでテレビが見れるように、このテレビ台は自分でDIYしました…。その話はまた後日…。

是非、見てみて下さい!そしてSUITSトークで語り合いたいです…!

2021年度インターン かすみ