https://gakuvo.jp/possibilities/wp-content/uploads/2021/12/image0-scaled.jpeg
Gakuvoの“中のヒト”の日常 ガクボブログ

オンラインセミナー「学生の”うち”だからできるSDGs」無事終了!

12月18日に実施した Gakuvo主催「学生の”うち”だからできるSDGs~暮らし方と働き方~」が無事終了しました。

全国から参加してくださったみなさま、ありがとうございました!!

そして、ゲストとして登壇していただき、ものすごい情報量のお話を、大変な早口でたくさんお話いただいた、能條桃子さん、須藤あまねさん、ありがとうございました!!!!

「SDGs」は、最近はあらゆる場所で語られていますが、やはり個人個人がどのように行動すべきかということを考え、選択し、行動するということが、一番かつ唯一のSDGs達成の手段であるということを、改めて実感しました。

 

感想をもらっているので、ご紹介です(みなさんの感想の文章がものすごく長く、お二人のお話が響いているのだな~と実感しました!)。

  • SDGsでも誰一人残されないというキャッチフレーズがあるように、社会問題について恵まれている私は目を向けなければ”ならない”ような気がしていました。(中略)社会問題とは一人で考えても何もできない無力感が私にはあったのですが、(中略)無力感は感じる上で”じゃあどうするか”までを考えていらっしゃって素晴らしいと思いました。
  • 須籐さんが個人的に日常で行っている商品のストーリーを考えながら選ぶという事がとてもいいなと思いました。自分が買おうとしている商品がどのような場所で作られどのようにその地域に貢献しているのかなどを考えることでもっと地球環境に興味を持てたり、世界を知れるため私も行いたいなと思いました。
  • 二人の方は自分が疑問に思ったことを行動に移せていたことに感動しました。疑問に思ったことを「ま、いっか」で済ませず解決しようと行動することや、今の時代大体が調べれば出てきますが自ら現地に足を運んだりし自らの目で見て感じそれを発信している二人の方はすごいなと思いました。
  • 今回の講義で素敵な言葉を知ることができました。それは、「大きい規模で考えながら自分の足元から行動」という言葉です。いくら世界単位で行動して地域などの単位で改善されてないと達成できなかったり達成しても崩れてしまったりします。その為土台からしっかり一つずつ改善していくことが本当に大切なことなんだと感じ学べることができました。今回素敵な講義をききそれをそのままにせず世界や自分の役に立てていきたいと思います。
  •  

    最後に、配信の裏側の風景をちらり。

    カメラ2台と、ものすごい数のケーブルです。

    配信の風景

    配信の風景