お知らせ Information

【日本財団×株式会社ミライロ】バリアフリー地図アプリ”B-maps(ビーマップ)”の記者会見がありました!

s_IMG_0863

本日4月8日、日本財団ビルにて、バリアフリー地図アプリ”B-maps(ビーマップ)”の記者会見がありました!

s_IMG_0859

(記者会見には株式会社ミライロ代表の垣内さんやマツコ・デラックスさんも!)

Bmaps”とは、「車いすユーザーやベビーカー利用者などの多様なユーザーが求める情報を世界にむけて発信するバリアフリー地図アプリ」です。

 

スマホからお店などのバリアフリー情報を入力し、多様なユーザーが活動するアプリで、多目的トイレや段差の有無にとどまらず、コンセントやクレジットカードの利用情報の投稿を呼びかけ、それを多様なユーザーが活用するアプリなんです!

 

なぜコンセント情報が必要か。

電動車いすユーザーにとっては重要な情報なのです。

なぜクレジットカードの利用情報が必要か。

目の不自由な人にとって、小銭や紙幣をいちいち確認する必要のないカード利用はとても便利なのです。

かくいう当センターの西尾も、今日の記者会見にて勉強したとのこと!

 

全国の学生団体のみなさんもぜひ協力をお願いいたします!

詳細・お問合せはこちら→Bmapsホームページ