災害支援 Disaster support

令和元年台風15号/19号ボランティア第3陣(栃木県鹿沼市) 活動報告

期間:2019年10月26日(土)

場所:栃木県鹿沼市

活動内容:流されて倒壊したビニールハウスの片づけ、水害ゴミの仕分け・片付け

 

坂田さんの畑の清掃のお手伝いをしました。隣の家のビニールハウスが畑に流れてきて、行政にお願いしても中々片付けが進まない状況でした。

今回はビニール剥がしと、瓦礫の運搬、あちらこちらに引っかかっている藁の回収をしました。

坂田さんたちは台風当日、急いで畳をあげて蔵にしまったそうです。そのため床上浸水ではあったものの、被害は抑えられたと話していらっしゃいまいした。また、今回坂田さん宅にビニールハウスと木材が流れ込んできたため、氾濫の流れが変わり、助かった地域もあったそうです。

ビニールハウスの持ち主の方、坂田さんの職場の同僚、親戚の方がお手伝いに来ていました。地域の方達の助け合いが印象に残った学生は多かったです。

坂田さんは、学生が来たことに対して、労働力としてはもちろん、若者が来たことによって元気が出たと話していました。

坂田さんは、休み時間にも気さくに話しかけてくれる方だったので、現地の方と学生で話ができました。

災害ボランティアに初めて参加した学生が多く、現地に行って支援をすることの重要性を感じていました。

 

現地の皆さん、ありがとうございました。

3陣に参加して下さった皆さん、引率の青山さん、正田さん、お疲れ様でした。