大学等との連携プログラム Collaboration with university

学内課外青山学院大学
青山学院大学 学生ボランティア団体合同説明会

4月10日(土)、青山学院大学ボランティアセンター主催で、学内の学生ボランティア団体が一堂に会する合同説明会をオンラインで実施しました。
昨年度は新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、ほとんどの学生団体が新歓説明会どころかボランティア活動そのものに制限がありました。
コロナ禍においても新1・2年生にボランティア活動に参加する機会を提供するため、オンラインイベントツールRemo(Gakuvo提供)を活用して当イベントを実施するに至りました。

当日は青山学院大学の2つのキャンパス、青山キャンパスと相模原キャンパスそれぞれを拠点とする学生団体12団体が参加し、リレー形式で各団体5分間プレゼンテーションを行いました。

Remoのセミナーモードにある質疑応答機能には
「サー費(サークル費)はいくらですか?」
「メンバーの構成は?」
といった質問が投稿され、限られた時間内でも効率的に情報のやり取りを行うことが出来ました。
プレゼンが終わるとフロアモードに変更し、団体ごとにテーブルが分かれてフリートークセッションです。
Remoはユーザーが自分の意思で好きなテーブルに移動できるため、興味のある団体のテーブルに座って先輩たちの話を聞くことができます。フロアにはラウンジテーブルも設けたので次のプレゼンまで一休み、一人で作業したい、という学生にはラウンジで過ごしてもらいました。

説明会終了後、参加団体のメンバー間で行った振り返りでは、
前年のもどかしさ(コロナで活動できない)を払拭することが出来た。
オンラインでもいろいろ出来ることを学べた
という感想が述べられました。

<参加団体の感想>

青山子ども会
オンライン合説に参加させていただいた、青山子ども会です。
今回のオンライン説明会で新しい方法で、さまざまなボランティア団体の方と一緒に新歓ができてとても面白かったです。
また、このような機会があれば参加させていただきたいと思います。

しぶっこ
好きなフロアを選んで動けるのはよかったし、ホワイトボードも使いやすかったです。しかし座席数が少なく、限られているのがネックだと思いました。

1テーブルにつき6人は少ないなと思ったのですが、ホワイトボードを共有出来るのがとても便利でした。Remoに入ってすぐの時、PC内蔵カメラが白黒になってびっくりしましたが、プレゼンまでには直ったのでよかったです。