大学等との連携プログラム Collaboration with university

学内課外中央大学
連続ボランティア講座③「企業は社会課題をどう克服しようとしているか ~ソーシャルビジネスで世界を変える」実施報告

中央大学ボランティアセンターでは、日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)と共催し、「連続ボランティア講座」を開催します。

6月25日(金)に、株式会社ボーダレスジャパン 鈴木健太郎氏をゲストとしてお招きし、第2回講座を実施しました。

以下、中央大学ボランティアセンターのレポートを紹介します。

連続ボランティア講座③
「企業は社会課題をどう克服しようとしているか ~ソーシャルビジネスで世界を変える」

社会課題に取り組むボランティア全般を知り、自分のキャリアにどのようにつなげていくかを考えるきっかけとすること、また、いろんな立場から社会課題に取り組む方の話を聞き、自分のボランティアキャリアについて考えるきっかけとすることを目的に、オンラインにて連続ボランティア講座を行った。

今回は、第3回目として、社会起業家を世に送り出している企業であるボーダレスジャパンの鈴木健太郎さんに講師をお願いした。

 

講座では、ソーシャルビジネスについて、一般のビジネスと何が違うのかということから始まり、ボーダレスジャパンの目指す社会や社会起業家を育てる仕組み、鈴木さん自身の思いや仕事に対する考え方などをお話しいただいた。

質問や感想もチャット上で多く飛び交い、充実した講座となった。

 

◎日時:6月25日(金)17:00~18:10

◎外部講師:鈴木健太郎氏(株式会社ボーダレスジャパン 採用広報担当)

◎参加者:21人

◎アンケートより:

  • 本日は貴重なお話をありがとうございました。いずれ就活をして企業に勤めるようになるんだろうと、ぼんやりと考えていました。では、一体企業とは何なのか、その企業が関わっている社会とはどういうものなのか、どんな問題があるのか。将来の自分を中々思い描けなくて、将来と自分を少しでも近づけたいなと感じ、この講義に参加させていただきました。自分が将来何をするのかも含め、考えるきっかけになりました。
  • ボーダレスジャパンさんの社会起業家に対する思いや姿勢について理解することができました。以前から社会問題を解決したいという気持ちはあったのですが、「具体的にどのようなことから始めればいいのか」「すべて自分一人で行わなければならないのか」といった疑問を抱えていました。しかし本日の講演を聞いて、そのような気持ちを応援してくれる組織、企業があること、そして周りの人を巻き込んで問題を解決するべきだということを学びました。根本的な疑問を解決することができ、有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。