学生ボランティア派遣 Student volunteer dispatch

チームながぐつプロジェクト第74陣 宮城県石巻市行き 活動報告

ながぐつ74陣石巻
1月10日~1月13日

【活動2日目(1月11日)】
活動場所:石巻市渡波地区 明(みょう)神社
活動内容:参道石垣の修復、台風で壊れた倉庫テントの片付け、石碑や祠の再生、石垣の修復、どんど祭りの供養場の埋戻し

Gakuvoで継続的に行っている景観再生の活動を行いました。天候にも恵まれ、終日晴天の中活動を行う事ができました。
震災後炊き出しや物資配布などの拠点になっていたこちらの神社では、当時使っていた調理器具をはじめ、次回災害時の備えとして倉庫テントにたくさんの道具などが保管されています。
倉庫テントが2013年10月の台風で壊れてしまった為、テントの撤収や中の道具の整理、保管などを手伝いました。
1505640_344326575707731_222872143_n
1524633_344326552374400_582805518_n
1558560_344326175707771_1801383567_n
また景観再生プロジェクトの一環として、津波で流された石碑や祠の建て直しや、石垣の修復等を行いました。
1017327_344326372374418_245841208_n
1526258_344326662374389_80017759_n
1601157_344326345707754_680022341_n
1609589_344326755707713_1535651082_n
震災後、政教分離のため行政から援助を受けず、宮司さんの神社の復興より周辺地区や牡鹿半島の復興を優先した経緯により遅れていた神社の景観再生ですが、また一つ学生の手によって津波の爪痕が消え、景観が再生しました。

【活動3日目(1月12日)】
活動内容:山でのホダ木の伐採作業

作業した波板浜は、元々海水浴場があり海のそばに集落がありましたが、津波によって壊滅的被害を受けました。
海も山も近くにある自然豊かな地形を利用して、子供達がいずれ林間学校などを出来る様な場所にする地元の方の思いがあり、そのお手伝いの一環でホダ木を伐採しました。
1601375_344848222322233_1812481065_n
154475_344846672322388_437715051_n
1606850_344847098989012_1338813361_n-1
その後地元の方から震災後訪れたボランティアの写真等を見せて頂きました。力仕事が多く、ハードな作業でしたが怪我も無く無事作業を行う事ができました。

【活動4日目(1月13日)】
拠点の清掃、駅周辺のゴミ拾い後、日和山と言う、石巻で甚大な被害があった南浜地区全体を見渡せる高台にのぼりました。被害を受けた沿岸部などを見させていただきました。
1009078_344326045707784_53765921_o

最後に、参加者に日程終了時に書いて頂いている報告書の中から抜粋したものをご紹介します。
※掲載した文章は全文でないため、ご本人の意図と若干異なる場合がございます。ご了承ください。

・想像以上に震災の爪あとがひどく、だまりこんでしまいました。自分が何も知らなかったことに気づき、自分の想像力の狭さやスキルの無さで無力さを感じました。もっと早く石巻に来て助ければ良かったと思っています。

・大川小学校に実際に行ってみたり、木を伐採してみたり、石垣を作ってみたりと、自分が『何か』できたというより、自分の知らないことや初めてやることをさせて頂いた。=自分が成長させてもらうことばかりでした。もっとボランティアについて知りたくなりました。

・実際に被災地を見たことで、被害の甚大さを目の当たりにし、心が痛んだ。当初からボランティアに参加している方のお話をお聞きし、メディアでは知り得ない生の声を聞くことができた。

・ボランティア活動、特に復興期の活動については、現地から離れた地域などでは必要性が理解、認知されていない気がします。実際に行ってみて初めて復旧すら終わっていない現状を知りました。もっと情報発信していくべきではないかと思います。

・非常に良い経験を得ることが出来たと同時に、東北の人間の力になれたことを嬉しく感じる。

・来る前は「何をさせられるんだろう」という不安が多少ありましたが、現地でお世話になった3人をはじめ、スタッフのみなさんに暖かく接して下さり、充実した時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

皆さん、お疲れ様でした!
1497726_344849845655404_1633376403_n