大学等との連携プログラム Collaboration with university

【災害ボランティア】ボランティアリーダー養成プログラム2016 千刈キャンプを開催しました

2016年6月4日(土)~5日(日)にかけ、兵庫県内の大学生15名が関西学院千刈キャンプに集合し、学生ボランティアリーダー養成プログラム2016が開催された。

このプログラムは、日ごろからボランティア活動に携わっている学生らが、他大学の学生らと交流し、自らの活動を振り返りながらステップアップを目指すというもので、昨年に引き続き2度目の開催。

s_IMG_1073

s_IMG_1088

年間を通じて多彩なプログラムが用意されており、今回は「自ら動く技術と知恵のプログラム」と題して、災害復旧時のボランティア活動に役立つアウトドアスキル(ロープワークや野営など)の習得に力点をおいたもの。

s_IMG_1116

s_IMG_1119

s_IMG_1152

 

普段、あまりロープやビニールシートなどを使って、野営をする経験が無い学生ばかりで、最初は戸惑っていたものの、お互い力を合わせながら、着実にワークをクリア。

s_IMG_1175

s_IMG_1199

s_IMG_1208

2日目のグループワークプログラムでは、最初から完全に打ち解けており、初日の協働作業が功を奏したようだ。

本プログラムは、7月9日(土)~10日(日)にかけ、「被災地フィールドワーク」と題し、2014年8月に豪雨災害に見舞われた兵庫県丹波市を訪れ、災害復興のあり方や復興ボランティアに携わる予定だ。