グローバル・リーダーシップ・プログラム Global Leadership Program

内に秘めた情熱

このプログラムに参加して、私は日本での生活のモチベーションがよい方向に大きく変わりました。
私が以前もっていたインドネシア人の印象は、「性格がとても穏やかで、気ままそう」というものでした。この認識は間違ってはいませんでしたが、彼らはもっと「すごいもの」を持っていると感じました。
私が感じた、その「すごいもの」とは、彼らにある「内に秘めた情熱」です。普段はヘラヘラしているように見えることもありますが、自分が「やりたい!」と思うことにはまっすぐに取り組んでいました。
それを強く感じたのは、環境ワークショップでした。環境ワークショップは、プログラムの前半で貧困地域の現状を聞き、後半でフィールドワークを行う形で行なわれました。前半でお話をしてくださった団体の方は、まるで母国語なのではないかと思ってしまうような英語で説明をしてくれました。彼女たちの説明はとても熱がこもっていて、「この現状を変えたいんだ」という気持ちが強く伝わってきました。
後半のプログラムでは、インドネシア人参加者と日本人参加者でディスカッションをし、アクティビティーの詳細を決めました。日本人参加者とは対照的に、インドネシア人参加者は、意見を積極的にだし、少しでもよいワークショップにしようと考えていました。彼らは、このような活動を、母国語ではない英語で行なっていたのです。彼らは、あらゆるものを駆使し、少しでも現状をよくしようと情熱をもって動いていました。
インドネシア人のこのような姿をみて、積極性という前に、コミュニケーションツールである英語・自分に必要な専門の勉強もろくにしない、怠惰な自分がとても嫌になりました。そのため、プログラム途中から、「私も、彼らみたいにキラキラ過ごしたい!」と思いはじめました。とてもとても英語が苦手な私は、少しでも英語になれようと思い、みんなが話している英語を聞く、ちょっとでも気になるインドネシアの文化を英語で質問しようと決めました。大学で犯罪学を勉強している私は、インドネシアの交通ルールについて質問しました。スクーターに乗っている人を見ていると、年齢、ヘルメット、1台に乗っている人数などが日本と違うように感じましたが、定められたルールは日本とさほど違っていませんでした。これは、大学で犯罪学を学ぶ私にとって、驚きしかありませんでした。ここから、自分が学んでいることは日本の学問だけではなく、海外ともつながっていること、そのような情報を知るためには、英語の習得は必要不可欠であるということを感じました。
日本に戻った私は、2つの目標に向かって活動しています。1つ目は、専門で関心を持っている犯罪学を外国で学ぶことです。達成のために、これまでよりも大学の講義をしっかりと聞き、英語の本に挑戦するなど毎日英語にも触れています。
2つ目は、インドネシアを発つときに、私が現地コーディネーターに言った「英語をペラペラになってインドネシアに戻ってくる」ことです。今回のプログラムでは、自分の英語が未熟で得られる情報が限られていました。なので、英語を話せるようになり、インドネシア語もできるようになった状態でインドネシアに戻って、素敵なひとたちがいっぱいいるインドネシアをもっと好きになりたいです。参加前には考えられないような、これらの大きな夢を私に持たせてくれたこのプログラムに、私はとても感謝しています。

(新井美帆 中央大学法学部法律学科3年)