大学等との連携プログラム COLLABORATION WITH UNIVERSITY

Gakuvoでは、全国の大学と「ボランティア活動推進協定」を結んで、様々な活動を展開しています。大学の履修科目を大学とGakuvoで開発、運営しており、大学の特性や地域性を活かした科目やボランティア入門のような科目を行っています。

授業以外の学生の活動へも大学とGakuvoでサポートしており、活動をするだけで終わりではなく、どう学びにつなげるかを考えて実施しています。
こういった大学等と連携した活動は、フィールドは学内学外を問わず、テーマも災害支援・多文化共生・地域課題など多岐に渡り、形式も授業やゼミ、ボランティアセンター、体育会部活動など様々なものとなっています。

講座・プログラムの開発、実施

大学では、教室内で学ぶことはもちろん、キャンパスの外で学びの機会がとても貴重です。
また大学のなかには、学外での教育活動の重要性を意識して、ボランティア学習やサービス・ラーニングなどを重視しているところもあります。
Gakuvoはそういった大学と連携し、国内外を問わずさまざまな活動を行っています。

Gakuvoでは今後、日本全国の大学と連携していき、その地域にあったボランティアプログラムを実施していく予定です。
現在、協定を結んでいる大学は98となり、地域別では、関東、関西、中部、中国、九州、東北におよび、活動内容も東北ボランティアから、地域密着型の活動、海外でのBOPビジネス実習など多岐に渡ります。

主な実施プロジェクト

学内プロジェクト

  • 防災・減災についての講座
  • ボランティア体験の言語化(振り返り)
  • ボランティア基礎講座
  • 多文化共生を学ぶ講座、実習
  • 海外ボランティア講座
  • 法学の見地から被災地の課題を考える講座
  • 被災地のまちづくり講座
  • サービスラーニング科目(講座、実習)

etc

学外プロジェクト

  • 災害ボランティア(東日本大震災、九州北部豪雨、西日本豪雨、台風被害)
  • 被災地における子ども支援(岩手県、熊本県)
  • 海外の農村における生活向上支援活動(バングラデシュ)
  • 子ども教育支援活動(インドネシア)
  • 外国にルーツを持つ中高生を対象にしたキャンプ
  • 自然保護ボランティア活動
  • 村づくり支援プログラム

etc